• ホームHome
  • 【2021/6/28開催・オンライン・要申込】フランス語の文化を楽しもう!/フランスモード界と日本の影響に関するオンライン講演会を開催します

【2021/6/28開催・オンライン・要申込】フランス語の文化を楽しもう!/フランスモード界と日本の影響に関するオンライン講演会を開催します

フランス語の文化を楽しもう!

広島大学 人間社会科学研究科 人文社会科学専攻 人文学プログラム フランス文学語学教室の開催で、エスモード大阪校と京都校の元教員で、ファッションデザイナーのクレモンティン・サンドネール氏によるオンライン講演会(Zoom)を開催いたします。

講演会の内容と参加方法は以下の通りです。

※通訳つきですので、フランス語が分からない方でも気軽にお聞きいただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

講演題目と概要

フランスモード界における日本の影響  
長年、フランスと日本の芸術は互いに刺激をあたえあってきましたが、ファッション分野においては特に顕著です。本講演では、その両国の関係性をフランス側からの視点で眺めます。日本の衣服が西洋での服飾の発展にどのような影響を与えたのか、なぜ数十年ごとに着物がデザインの参考として用いられ、新しい女性像の提示にまで至っているのか考えます。最後に、現代フランスのモード界において、日本の衣服が果たしている役割について見ていきます。特に、サスティナブルや環境配慮型のファッションが台頭する中、着物が与えている影響は興味深いものがあります。  
   
La mode française et le Japon
Depuis longtemps, les arts français et japonais ne cessent de s’inspirer mutuellement et ce constat est particulièrement remarquable dans le domaine de la mode. Dans cette conférence, je vous propose d’observer ce phénomène depuis la France. Nous allons nous demander quelles influences le vêtement japonais a pu jouer sur l'évolution du vêtement occidental, et pourquoi le kimono n'a pas cessé de redevenir une référence à plusieurs décennies d’intervalle, en allant jusqu'à proposer un nouveau modèle de féminité. Enfin, nous verrons quel rôle le vêtement japonais tient encore dans la mode française contemporaine. Nous nous intéresserons particulièrement à l’influence du kimono dans l’apparition d’une mode plus durable et respectueuse de l’environnement.

講演者

クレモンティーヌ サンドネール  
日本を拠点に活動するフランス人で、ファッションデザイナー。日本の伝統織物の再評価を専門としている。エスモード大阪校と京都校では、4年間デザインの教員を務めた。2016年京都でブランド “Mikan”を立ち上げ、手仕事によるアイテム製作に加え、布地の再利用や「ゴミゼロ」でのものづくりを広める縫製ワークショップを開催している。

Clémentine Sandner
Designeuse de vêtements et d’accessoires de mode française, basée au Japon. Spécialisée dans la revalorisation des textiles traditionnels japonais. Elle a été professeure de design de mode à l’Esmod d’Osaka et puis de Kyoto pendant 4 ans. En 2016, à Kyoto, Clémentine fonde la marque Mikan, qui propose, entre autres, des pièces de fabrication artisanale, ainsi que des ateliers de couture destinés à sensibiliser le grand public au recyclage des tissus et aux méthodes de fabrication dites « zéro-déchet ».

日時

 2021年6月28日(月)18時

参加方法

【お問い合わせ先】
人間社会科学研究科
人文社会科学専攻 人文学プログラム
文学部
フランス文学語学研究室

Marie-NoëlleBeauvieux  : mnb@hiroshima-u.ac.jp
宮川 朗子  : akikomiy@hiroshima-u.ac.jp
(@は半角に変換してください)


up