• ホームHome
  • 文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特性対応型)」に本学の申請が採択されました

文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特性対応型)」に本学の申請が採択されました

このたび、広島大学は文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特性対応型)」の実施機関に採択されました。

本事業は、研究環境のダイバーシティを高め、優れた研究成果の創出につなげるため、女性研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上のための取組、女性研究者の積極採用や研究中断、あるいは離職した女性研究者の復帰・復職支援及び女性研究者の上位職への積極登用に向けた取組等を支援するものです。「特性対応型」では、特に、分野や研究機関の研究特性や課題等について分析し、その分析結果を踏まえた目標を掲げ、研究効率の向上を図りつつ、女性研究者の活躍を促進する取組が支援されます。

本学は、本事業の「特性対応型」の実施を通じて、研究者を目指す理工系の女性を増やすことを目的として、中高生から研究者までの一貫した理工系女性活躍促進モデルを構築します。そして、その核となる取組として、理工系の女性大学院生を対象とする「女性科学技術フェローシップ制度」を新たに構築します。さらに、女性研究者の研究効率や研究能力を向上させる取組を進めていきます。

今後、「女性科学技術フェローシップ制度」について、学内公募の詳細が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。

お問い合わせ先
広島大学 学術・社会連携部 企画グループ・稲鍵
E-mail:ura-women*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up