• ホームHome
  • JA広島中央女性部様より学生のために支援米を寄贈頂きました

JA広島中央女性部様より学生のために支援米を寄贈頂きました

記念写真
(左から、岩永副学長、宮谷理事・副学長、学生代表の愛原さん、
JA広島中央女性部の池野向陽地区部長、JA広島中央の佐伯代表理事専務)

広島大学では、10月1日、JA広島中央女性部様のご厚意により、コロナ禍で生活に困窮している学生のため、支援米を寄贈いただきました。
同日、東広島キャンパスで行われた贈呈式には、JA広島中央女性部の池野 芳子向陽地区部長、JA広島中央の佐伯 隆弘代表理事専務、本学から宮谷 真人理事・副学長、岩永 誠副学長が出席、支援米の目録が手渡された後、佐伯代表理事専務から学生代表の愛原 健司さんに支援米が贈呈されました。
宮谷理事・副学長は「支援米をご寄贈いただき、心より感謝申し上げます。本学の学生が安心して学業に励み学生生活が送れるよう、必要とする学生に支援させていただきます。」と謝辞を述べた後、感謝状を池野部長へ贈りました。
池野部長は「新型コロナウイルス感染症の長期化により、日本社会の様々な分野において影響が出ている。未来を担う学生さんに食の面での支援になればと、このたび支援米をお贈りさせていただきました。コロナ禍で苦しい状況ではありますがなんとか頑張ってほしい。」と想いを語られました。
寄贈いただいた支援米は、10月中旬頃から、東広島キャンパスの各学部・研究科、池の上学生宿舎、国際交流会館の希望する学生へ配給する予定です。

感謝状贈呈の様子

支援米贈呈の様子

【お問い合わせ先】
広島大学学生生活支援グループ

TEL:082-424-6145
E-mail:gakusei-group*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up