• ホームHome
  • 【2021/11/13開催・霞・要申込】第15回広島大学ホームカミングデー(霞キャンパス)を開催します

【2021/11/13開催・霞・要申込】第15回広島大学ホームカミングデー(霞キャンパス)を開催します

広島大学ホームカミングデーは、卒業生や元教職員を歓待するイベントとして開催しておりますが、霞キャンパスにおきましては霞部局(医学部・歯学部・薬学部・医系科学研究科・原爆放射線医科学研究所・大学病院)合同企画として下記講演会を開催いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

【日時】
2021年11月13日(土) 15時~16時30分

【場所】
広島大学 霞キャンパス内 広仁会館大会議室
 (広島市南区霞1-2-3)  会場案内図

【講演者】
広島大学大学院医系科学研究科

  •  田中 純子 氏
    (疫学・疾病制御学 教授/理事・副学長)
  •  坂口 剛正 氏
    (ウイルス学 教授)
  •  久保 達彦 氏
    (公衆衛生学 教授)

【参加費】
無料

【申込方法】
こちらの申込フォームからお申込みください。(定員60人)

 ※どなたでも参加可能です。
 ※詳細は、ポスターをご覧ください。

【講演会テーマ】
新型コロナウイルス研究最前線~疫学・ウイルス研究・対策研究~
 
【演題】 
1. 広島からみた新型コロナウイルス感染の疫学(田中 純子 氏)
疫学的な調査研究の視点から解析結果の一部を紹介し、多角的な視点からCOVID-19感染を考える資料として提供したいと思います。

2. 広島大学での新型コロナウイルス研究(坂口 剛正 氏)
広島大学では多くの研究室が新型コロナウイルスの研究に取り組んでおり、それぞれの得意な領域で成果をあげています。その中でウイルス学研究室は、P3実験室でウイルスを培養することを軸として、他の研究室と連携して研究を進めています。研究の状況とこれまでに得られた成果についてご紹介します。

3.広島県新型コロナウイルス感染症版J-SPEED(久保 達彦 氏)
広島県においては、東日本大震災の教訓をもとに災害医療分野で開発され、その方式がWHO国際標準にもなったJ-SPEEDと呼ばれるデータ収集システムが、新型コロナウイルス感染症対応でも活用されています。その成果と今後の対策に向けた展望を報告します。

 

※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては例年とは異なる形での開催となる場合がございます。お越しになる際には、こちらのホームページにて事前に詳細をご確認ください。ご心配な点がございましたら、以下の問い合わせ先まで、お気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ先】

霞部局合同企画講演会事務局
(広島大学霞地区運営支援部総務グループ)
電話 082-257-5013
E-mail kasumi-soumu(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は半角@に置き換えてください。


up