• ホームHome
  • Natureダイジェストで「未来博士3分間コンペティション2021」が紹介されました  

Natureダイジェストで「未来博士3分間コンペティション2021」が紹介されました  

広島大学が代表機関となって2021年11月3日に開催された「未来博士3分間コンペティション2021」を紹介する記事が、『Natureダイジェスト』2021年12月号(日本語版)に掲載されました。

未来博士3分間コンペティションは、博士課程後期学生が3分間の限られた時間内に自身の研究のビジョンと魅力を分かりやすく伝えるスピーチ大会。広島大学を代表機関とする「未来を拓く地方協奏プラットフォーム(HIRAKU)」が2015年から実施し、日本語部門と英語部門があります。

Natureダイジェストに掲載された記事のタイトルは 「未来の博士たちによる3分間の熱闘!」。全国28の国公私立大学から参加した130人の中から動画審査で選ばれた英語部門、日本語部門の各11人がオンラインで競った2021年コンペティションを取り上げ、受賞者の喜びの声や審査員の講評などを紹介しています。

「未来博士3分間コンペティション2021」最終選考参加者と審査員(日本語部門)

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up