• ホームHome
  • (2022.2.14)応急学生支援金制度により支援を受けた学生から感謝のメッセージが届きました

(2022.2.14)応急学生支援金制度により支援を受けた学生から感謝のメッセージが届きました

新型コロナウイルス感染者拡大に伴い、生活に困窮している学生に対する支援のため、保護者及びOB、OG等多くの方々からご寄付をいただき有難うございました。これを財源とした応急学生支援金制度は2020年4月にスタートし、2022年2月現在で1700名を超える学生に支援を行ってきました。このたび、支援を受けた2名の学生から感謝のメッセージが届きましたので、ご紹介します。

 

支援金のおかげで学業や研究に専念することができました(学部4年生)

今回、数度にわたって応急学生支援金をいただきました。コロナ禍によってアルバイト収入が得られず、生活費や授業料支払い等の資金のために支援金を申し込みました。支援金のおかげで困窮した生活が改善され、学業や研究に専念することができ非常に助かりました。大変であったコロナ禍を乗り越えることができたのもこの支援金があったおかげであり、その中で限られた中でのお金の使い方も学ばせていただきました。今後とも節約しつつ、学業に専念できるよう行動していきたいと思います。ありがとうございました。

 

頂いた支援を胸に社会貢献をしていきたいです(大学院博士課程前期1年生)

私は、皆様から温かいご支援として、応急学生支援金を頂戴いたしました。お心遣い頂き、誠にありがとうございます。コロナ禍でアルバイトができなくなり、困窮していた際、支援金を頂いたことで生活への不安が解消され、学業に専念することができました。今後も、より一層研究活動に尽力していくことで、社会貢献をしていきたいと考えております。最後にはなりますが、これまで頂戴したご温情には心より感謝申し上げます。

 

広島大学では、これからも学生が安心して学業や研究に専念できる環境づくりのために幅広く支援を続けてまいります。

 

関連サイト

【お問い合わせ先】
広島大学学生生活支援グループ(奨学金担当)

E-mail:gkeizai-group※office.hiroshima-u.ac.jp  ※は半角@に置き換えてください


up