• ホームHome
  • 医系科学研究科の保田教授ら4人が「防災・減災×サステナブル大賞2022」を受賞

医系科学研究科の保田教授ら4人が「防災・減災×サステナブル大賞2022」を受賞

一般社団法人減災サステナブル技術協会(浅沼博会長)が主催する「防災・減災×サステナブル大賞2022」の受賞者が発表され、「防災・減災×SDGs賞」アカデミー&ジュニアアカデミー部門のグローバル賞優秀賞に、本学から医系科学研究科の保田朋波流教授、坂口剛正教授、岡田賢教授、トランスレーショナルリサーチセンターの横崎恭之・共同研究講座教授が選ばれました。

防災・減災×サステナブル大賞は、より安全・安心な真のサステナブル社会の実現に向けた防災・減災における取り組みの成果・実績等を評価し褒賞を授与するもので、今年が2回目となります。

保田教授らは「新型コロナウイルスの人工抗体を10日で作製」する研究が評価されました。表彰式は2022年3月19日にオンラインで開催されます。

【取組名称】
新型コロナウイルスの人工抗体を十日間で作製(共同活動官学連携モデル)
【研究代表者】
広島大学医系科学研究科 教授 保田朋波流
【共同研究者】
広島大学医系科学研究科 教授 坂口剛正
広島大学医系科学研究科 教授 岡田賢
広島大学トランスレーショナルリサーチセンター 共同研究講座教授 横崎 恭之
京都大学ウイルス・再生医科学研究所 教授 橋口隆生
【受賞にあたって保田朋波流教授のコメント】
私どもが研究開発に取り組んできた新型コロナウイルス中和抗体作成技術が高く評価されたことを大変嬉しく思っております。
本技術は広島大学免疫学研究室員ならびに共同研究の先生方、その他多くの皆様の尽力と支えがあって成功したものであり、本研究開発に携わって頂いた全ての皆様に深く感謝申し上げます。
本技術によって作り出される人工抗体は今後も懸念される新型コロナウイルス感染症の治療や予防に役立つだけでなく、あらゆるウイルス感染症に対しても有効な抗体医薬を作成しうる技術です。
人類が感染症を克服し、明るく安心な未来の創生にわずかでも貢献できるよう今後も努めてまいります。

 

【お問い合わせ先】
広島大学 広報グループ

koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up