• ホームHome
  • デジタルものづくり教育研究センターが経済産業省の「J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点」に採択されました

デジタルものづくり教育研究センターが経済産業省の「J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点」に採択されました

経済産業省が実施している「J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点」【地域貢献型】に、本学のデジタルものづくり教育研究センターが採択されました。

この事業は、大学等を中心とした地域イノベーション拠点の中で、企業ネットワークのハブとして活躍している産学連携拠点を評価・選抜することにより、信用力を高めるとともに支援を集中させ、トップ層の引き上げを促すことを目的とし、経済産業省が実施しているものです。

この度、広島大学が採択された「地域貢献型」は、地域の課題解決や地域経済の振興等を目指し、地域の企業や地方公共団体との産学連携活動を積極的に行っている研究機関等を対象としており、第4回目となる今回の公募では、本学のほか、香川大学・鹿児島大学・長岡技術科学大学・名古屋工業大学・立命館大学・竜谷大学が採択されました。

広島大学デジタルものづくり教育研究センターは内閣府「地方大学・地域産業創生交付金」および「地方創生推進交付金」を活用し、「ひろしまものづくりデジタルイノベーション」創出事業のもとで、大学と産業界が連携し、社会実装に向けた研究開発活動と,高度産業人材を育成する新たな拠点として、2019年2月に設立されました。

2022年3月には、単独企業では解決困難な課題に対し、アンダーワンルーフで共創活動を行うオープンイノベーション拠点となる「材料MBR棟・データ駆動型研究棟」(通称:テストベッド)が完成し、共創活動後は個別企業との共同研究等で製品化などの社会実装に向けた活動を行っていきます。

【お問い合わせ先】
デジタルものづくり教育研究センター

〒739-0046
広島県東広島市鏡山三丁目10-32
電話:082-430-8513
E-mail: hudmerc@hiroshima-u.ac.jp(@は半角@に置き換えてください)


up