• ホームHome
  • 第16回広島大学ホームカミングデー・大学祭~大勢の皆様にご来場いただき、ありがとうございました

第16回広島大学ホームカミングデー・大学祭~大勢の皆様にご来場いただき、ありがとうございました

広島大学吹奏楽団の演奏(サタケメモリアルホール前広場)

第16回広島大学ホームカミングデー・第71回大学祭が2022年11月5日、東広島キャンパスを会場に、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で現地開催されました。
木々が色づく中、多くの卒業生や元職員、市民の方々が訪れ、キャンパスのあちこちで笑顔が広がりました。

  • ホームカミングデー特設サイトはこちら

サタケメモリアルホールで行われたオープニングセレモニーでは、越智光夫学長が「広島大学は2024年に創立75周年、もっとも古い源流である白島学校の創設から150年の節目を迎えます。これから2年間にわたってさまざまな周年事業の準備を進めているところです。皆様と一体となり、周年事業を盛り上げていきたい」と挨拶。表彰式に続いて今年初めて作成した統合報告書の概要が報告されました。
午後は、テレビ・ラジオで活躍中の俳人・エッセイストの夏井いつきさんが「俳句の力 ことばの力」と題して講演。「丁寧にことばを見直し、自分で調べていくことで、心を立て直す杖となり、自分を励ますことにもつながる」と述べ、俳句の力について様々なエピソードを交えながら語りました。500人定員の会場は満席となり、オンラインで傍聴会場も設けました。

サタケメモリアルホール周辺にはステージ・ブースなどが設置され、連携協定を結ぶ広島県内の市町や福島県などから特産品や人気グルメが勢ぞろい。ステージでは学生のパフォーマンス等が登場し、ムードを盛り上げました。研究施設や博物館の一般公開や各学部による展示・企画のイベントなども催されました。

このほか学長・役員の大学紹介や卒業生・大学院生による体験発表を行った恒例の「広島大学地域懇談会」には保護者ら約150人が参加。保護者と本学教職員や卒業生・大学院生との情報交換会も行われました。

一方、事前登録制で開催された大学祭では、笑いライブなどのステージ企画や模擬店、屋内外企画など学生たちの趣向を凝らしたイベントが繰り広げられました。

11月12日(土)には霞キャンパスで、11月20(日)には東千田キャンパスでホームカミングデーが開催されました。
ご来場いただいた皆様、YouTubeにリアルタイム配信をご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

ホームカミング広場(メイン会場)

広島大学と連携した市町の物産展

越智学長の挨拶

学長表彰をうける教員ら

統合報告書の報告会

大学歌を独唱する人間社会科学研究科 大野内准教授

特設ステージではチアリーダーなどがパフォーマンス

弦楽研究室の歓迎コンサート

講演する夏井さん

両生類研究センター ふれあいコーナー

教育学部祭 E-storm 射的

情報科学部 ポスター展示

【お問い合わせ先】
広島大学広報室

TEL: 082-424-6762
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up