• ホームHome
  • 【2022/12/20開催・オンライン・要申込】国際シンポジウム「ヨーロッパとアジアにおいてなぜ留学生が国際移動を行うのか、 それが高等教育にどのような影響をもたらしているのか?」を開催します

【2022/12/20開催・オンライン・要申込】国際シンポジウム「ヨーロッパとアジアにおいてなぜ留学生が国際移動を行うのか、 それが高等教育にどのような影響をもたらしているのか?」を開催します

日時

2022年12月20日(火) 18:30~20:50 (日本時間)

場所(参加方法)・言語・対象

  • 場所(参加方法)
    • オンライン(Zoom Webinar)で実施します。
      ※参加費は無料です。申込みをされた方に、参加用URLを前日までにご連絡します。
  • 言語
    • 英語 (日本語同時通訳有)
  • 対象
    • 大学教職員、関心のある方々

趣旨

2020年に生じたコロナは高等教育に多大な影響を及ぼしている。その一つとして留学生の受入れという問題が存在し、日本も含めた多くの国・地域の大学において留学生の受入れができないということがある。その結果として、海外大学に進学することを予定していた留学生について、それを諦めて進学先について再検討する必要性に迫られた者も少なからず存在している。多くの国・地域のレベルでは高度専門人材の確保、そして大学レベルでは世界大学ランキングの向上などの戦略目的の観点から留学生の受入れが進められてきたが、この国際シンポジウムでは、ヨーロッパとアジアにおいてなぜ留学生は国際移動を行うのか?また留学生の増加が高等教育にどのような影響をもたらしているのか?ということをテーマとし、有識者をお招きして、それぞれの国・地域を事例として講演を行うものである。

日程

■司会: 三好 登(広島大学 高大接続・入学センター副センター長、特任准教授)

時間 内容 講演者等
18:30-18:35 開 会: 宮谷 真人 広島大学理事・副学長(教育担当)
18:35-19:05 講演1: ヨーロッパにおける留学を通じた社会選抜とオランダにおける留学生の国際移動
クリストファー・バン・モイ (ティルブルフ大学・助教)
19:05-19:35 講演2: なぜ留学生が国際移動を行うのか―留学のきっかけとなる個人的なエージェンシー
トーマス・ブラザーフード (立教大学・助教)
19:35-19:45 ー 休憩 ー
19:45-20:15 講演3: 国際共修空間の構築ー学士課程教育における国際移動とDX
米澤 彰純 (東北大学・教授)
20:15-20:45 講演4: 誰がなぜ中国に留学に来たのか?
李 敏 (大学改革支援・学位授与機構・教授)
20:45-20:50 閉 会 永田 純一 (広島大学 高大接続・入学センター長、教授)

 

講演者紹介

申込方法

申込受付期間:2022年12月16日(金)正午まで(日本時間)

【2022/12/20開催】広島大学高大接続・入学センター国際シンポジウム申込

左記QRコード又は以下のURLから必要事項を英語で記入の上、お申込みください。
お申込みいただいた方には参加用URLを前日までにお送りします。
https://forms.gle/gz9C1jLf6GLxbnpc6

【注意事項】
  • 前日(2022年12月19日正午)までに参加方法のメールが届かない場合は、下記アドレスまでお問合せください。
    • E-Mail: symposium.admissions<AT>gmail.com (高大接続・入学センター)
      ※<AT>を半角アットマークに変換の上、送信してください。

 

主催: 広島大学 高大接続・入学センター

お問合せ

広島大学高大接続・入学センター 三好 登(副センター長、特任准教授)
E-Mail: symposium.admissions<AT>gmail.com
※<AT>を半角アットマークに変換の上、送信してください。


up