• ホームHome
  • アフリカ紛争国から18名の研修員が東京・広島を訪問

アフリカ紛争国から18名の研修員が東京・広島を訪問

広島大学教育開発国際協力研究センターでは「アフリカの角および周辺国における平和構築のための教師教育と教師の能力開発事業」事業として、アフリカ6か国から研修員を受け入れました。

本事業はユネスコ・アフリカ能力開発国際研究所(IICBA)からの依頼によるもので、2017年8月2日から9日までエリトリア、エチオピア、ケニア、ソマリア、南スーダン、ウガンダの6か国から教育行政官、教員養成機関、教師18名が来日しました。

広島大学での講義に加え、松浦元ユネスコ事務局長、アフリカに馴染みのある国会議員、文部科学省、JICA、UNITAR、上智大学、東京大学などを訪問、広島の平和記念式典へ公式に参列しました。

来日した研修員たち

広島大学での講義の様子

【お問い合わせ先】
広島大学教育開発国際協力研究センター
研究員 山根友美

TEL:082-424-6247
E-mail:tomomi*hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up