• ホームHome
  • 平成29年度「大学の世界展開力強化事業」に採択されました

平成29年度「大学の世界展開力強化事業」に採択されました

 文部科学省の平成29年度「大学の世界展開力強化事業~ロシア、インド等との大学間交流形成支援~ タイプA:交流推進プログラム(インド)」に、本学の申請したプログラムが採択されました。

 採択されたのは、「先端技術を社会実装するイノベーション人材養成のための国際リンケージ型学位プログラム」で、実施期間は平成29年度から5年間です。

 本プログラムは、参加学生に対してグローバル・コンピテンシーを段階的に昂進させる日印教育交流パッケージを提供し、革新技術を社会へ実装する高度イノベーション人材を養成します。また、こうした人材を5年間の事業期間後にも継続的かつ安定的に輩出するため、日印協定大学間で制度調整を重ね、「国際リンケージ型学位プログラム(ILDP)」の構築を目指します。
 交流大学であるインド工科大学デリー校、インド工科大学ムンバイ校等6大学から、毎年学生を30人程度受け入れるとともに、本学からも30人程度派遣する予定です。

 今回の公募では全国の国公私立大学から14件の申請があり、本学の提案を含む2件が採択されました。採択された本学プログラムの概要は、下記のとおりです。

 本プログラムを通して、異分野の専門家と協働し、日印の社会課題解決に貢献する次世代のリーダーの育成を目指します。

【構想名称】先端技術を社会実装するイノベーション人材養成のための国際リンケージ型学位プログラム
【実施期間】平成29年度~平成33年度
【交流規模(年間)】受入・派遣 各36人 (初年度のみ各18人)
【交流大学】インド工科大学デリー校、インド工科大学ムンバイ校、インド技術科学大学シブプール校、ビルラ技術科学大学ピラニ校、インド中央電子工学研究所、インド経営大学院アーメダバード校
【構想概要】本プログラムは、次のような3つのコース・7つの交流取組から構成される日印教育交流パッケージを参加学生に提供します。

コース名 交流取組 内容
ILDP Entry Course 専門外国語研修 ショートステイの外国語研修
起業案作成演習 起業案や政策提案を作成するワークショップ
異文化理解短期留学 外国語力と異文化理解力を強化するセメスター留学
ILDP Intermediate Course キャリアデザイン グローバル・インターンシップ
日印協働研修 実践的課題解決型サマープログラム
ILDP Advanced Course プロトタイプ演習 起業コンテスト等での実践研修
日印協働チーム研究 日印学生間の学際チーム研究

 同パッケージを通じて、日印両国に共通して特に優先度が高い「スマートインフラ整備」、「新エネルギー」、「環境持続性」の3分野及びその融合領域について、①地域の社会課題に即した革新技術を創生する起業家・技術者、②新たに創生された革新技術を日印社会に適切に実装する政策立案者・研究者、を養成します。同時に、インド交流大学との制度調整を重ね、異なる学修制度を効率的に接合させた「国際リンケージ型学位プログラム」を構築します。

【お問い合わせ先】
広島大学研究企画室
小左古 学

TEL: 082-424-5860
FAX: 082-424-4592


up