医療政策室

医療政策室は、理事・副学長(霞地区・教員人事・広報担当)の下に置かれ、医療政策・医学系研究推進グループと緊急被ばく医療推進センターから構成されています。医療政策・医学系研究推進グループは、大学病院の中期目標・中期計画の策定、医療に関する地域連携活動の企画立案及び医学系研究推進の支援業務を行います。緊急被ばく医療推進センターの活動は、次のURLから公開しています。

 緊急被ばく医療推進センター https://www.hiroshima-u.ac.jp/gensai_iryo

医療政策・医学系研究推進グループ

<主な業務>
・本学の医療政策の立案に関すること。
・医療に関する国、地方公共団体等の動向・方向性及び地域医療・病院に関わる各種データの収集・処理・分析に関すること。
・医療に関する地域連携活動の企画立案に関すること。
・広島大学「ひろしま地域医療協議会」の運営に関すること。
・女性医師支援に関すること。
・霞キャンパスの将来構想に関すること。
・霞キャンパスの施設整備に係る基本方針及び計画の企画立案に関すること。
・霞部局連絡協議会の運営に関すること。
・医療系トランスレーショナルリサーチ推進機構の運営支援に関すること。
・トランスレーショナルリサーチセンター、病院広島臨床研究開発支援センター及び病院女性医師支援センターの支援に関すること。
・医の倫理に係る委員会に関すること。
・広島大学再生医療等委員会に関すること。
・広島大学臨床研究審査委員会に関すること。
・治験に係る契約手続に関すること。
・病院治験審査委員会に関すること。
・その他医学系研究に関すること。
・緊急被ばく医療推進センター及び医療政策・医学系研究推進グループの総務、人事、財務等に関すること。
・学術院会議が設置する人事選考委員会及び再任等審査委員会に関すること(トランスレーショナルリサーチセンター及び医療政策室に係るものに限る。)。

緊急被ばく医療推進センター

<主な業務>
・「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」の支援に関すること。
・広島地区緊急被ばく医療協力機関会議の運営に関すること。
・その他放射線事故・災害医療の推進に関すること。


up