• ホームHome
  • ハワイ大学の学生が本学を訪問しました

ハワイ大学の学生が本学を訪問しました

ハワイ大学の学生8名と引率教員1名が平和学習のため2017年3月25日から27日にかけて広島大学を訪問しました。

初日は、広島大学生たちとの交流会を通じて親交を温め、その後の日程にも広大生が同行しました。

2日目は宮島を訪問し、宮島の歴史と文化を知り尽くす百々隆雄氏(文学部哲学科卒業生)を講師に迎え、清盛祭で賑わう宮島を巡り、宮島の魅力を体感しました。

3日目は国際室の小宮山道夫准教授による講義「広島の歴史と文化」を東広島キャンパスで受講し、広島への理解を深めた後、広島市内にて平和学習を行いました。広島平和記念資料館では加藤秀一副館長から展示室の見所についてレクチャーを受けた後、思い思いに展示室を見学しました。

見学の後は資料館内にて本学水畜産学部(現在の生物生産学部)の卒業生で当時旧制広島第一中学校(現在の広島県立広島国泰寺高等学校)第1学年在校中に原爆被爆した兒玉光雄氏の被爆体験と放射線後遺症の話に熱心に耳を傾け、原爆被害の実態に想像力を巡らせるとともに、それが単なる過去の問題には留まらないことへの認識を新たにしました。

ハワイ大学の学生たちは、ハワイから持参した折り鶴を奉納し、平和学習を締めくくりました。参加したハワイ大学の学生の中には、「広島に来て多大な感銘を受けた」「できれば日本で就職したい」との感想を述べる学生もいました。

広島の歴史と文化に関する授業風景

宮島・獅子岩での記念撮影

広島平和記念資料館での被爆体験講話

持参した折鶴を奉納

【お問い合わせ先】
広島大学国際室

TEL: 082-424-5167


up