• ホームHome
  • 中国・長春大学特殊教育学院から聴覚に障害のある研修生を受け入れました

中国・長春大学特殊教育学院から聴覚に障害のある研修生を受け入れました

広島大学国際センターは、2017年10月4日から10月11日まで長春大学特殊教育学院から8人の聴覚に障害のある学生を受け入れ、日本語・日本文化特別研修を実施しました。

本研修は、日本語・日本文化に関心を持つ海外の若者を対象に、日本への理解を深め、本学への留学のきっかけ作りとなることを目的として、2010年から実施していますが、障害のある学生を受け入れたのは初めてです。

研修では、日本語手話の体験や本学学生との交流に加えて、原爆ドームや平和記念資料館、宮島・厳島神社の見学を行いました。また、広島市内の特別支援学校への見学やマツダ株式会社への企業訪問も実施しました。

参加学生は、将来ぜひ日本に留学したいと強く希望していました。本研修がきっかけとなり、より多くの学生が本学に留学することを期待しています。
 

研修修了式の記念撮影

学生交流・日本語手話体験の様子

マツダ株式会社訪問

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6045


up