• ホームHome
  • 平成30年度広島大学入学式を挙行しました

平成30年度広島大学入学式を挙行しました

4月3日、平成30年度広島大学入学式を東広島運動公園体育館で挙行し、3,960人の学生が入学しました。

会場周辺の桜が見頃を迎える中、多くの新入生や保護者が参加しました。

越智学長は、式辞で「 how(どのような方法で)が大事であることは確かだが、同時に、物事のwhy(どうしてなのか)をじっくりと考え、様々なことにチャレンジしてほしい」と新入生を激励しました。

また、イギリスの詩人ウイリアム・ブレイクの4行詩を紹介し、「想像力が世界を大きく変えると確信し、自分の可能性を信じることが最初の極めて重要な一歩」と述べました。

式典の後、サンフレッチェ広島の森保元監督、芥川賞受賞作家の小山田浩子さん、広島東洋カープの野村前監督の3人から、新入生に向けて応援メッセージが届きました。続いて、オペラ歌手で広島大学客員教授の中丸三千繪さんによるミニコンサートも行われました。

今年度は、学部生2,493人、専攻科生15人、大学院生1,452人の計3,960人が、大学生活をスタートさせました。

●越智光夫学長 式辞全文はこちら(日本語)(英語

動画はこちら(YouTubeの広大動画チャンネルへ) 

式の様子を録画配信しています。

会場は新入生や保護者でいっぱいになりました

オペラ歌手 中丸三千繪さんによる国歌独唱

入学許可宣言

学長式辞

学生表彰

中丸さん、広島大学合唱団・広島大学東雲混声合唱団パストラールのみなさんによる大学歌合唱

中丸三千繪さんによるミニコンサート

会場の内外ではさまざまな部活・サークルの紹介が行われました

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL: 082-424-6131
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up