• ホームHome
  • ニッポンのジレンマ@広島大学~スピンオフイベント~を開催しました

ニッポンのジレンマ@広島大学~スピンオフイベント~を開催しました

2018年5月11日、広島大学東広島キャンパスにおいて、NHK番組「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」スピンオフイベントが開催され、本学の教職員や学生、学外からの参加者など、約30人が活発な意見交換を行いました。

穏やかな雰囲気の中、主催者の工学研究科 杉川助教から「今、大学って、学問ってナニ?」をテーマに大学や学問に対する考えを議論してほしいと挨拶があり、学生に対して普段の学生生活で感じているジレンマなどはないかと疑問を投げかけ議論がスタートしました。

現在の教育環境や研究環境に対する疑問やそれに対する様々な意見、学問に対して成果を求めることの意義、グローバル化の意義やその進め方について様々な意見が飛び交いました。

イベントを終えた参加者は「普段抱えている疑問をぶつけることが出来て良かった。簡単に答えが出ないこともあるが、いろんな立場からの意見が聞けて参考になった。新しいネットワークもできたし、今後もこういった場で意見交換を続けていきたい」と感想を語りました。

活発な意見が飛び交う議論の様子

イベント参加者

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up