• ホームHome
  • 広島原爆養護ホーム舟入むつみ園にて、平成原爆焼の制作(通算第三回)を行いました

広島原爆養護ホーム舟入むつみ園にて、平成原爆焼の制作(通算第三回)を行いました

2018年5月21日~25日、広島原爆養護ホーム舟入むつみ園デイサービスに通う被爆者の方々と本学の学生・留学生による平成原爆焼を制作しました。平成原爆焼は原爆ドーム前の元安川や多くの被爆者が埋葬された似島の砂利を使い制作するものです。

「平成原爆焼」の企画は、被爆体験を語りたくても、経験を言葉に出すことが困難な被爆者が多い現状から、様々な形式での記憶の継承活動として考案され、平成29年から制作を実施しています。

期間中、本学の学生と留学生は被爆者の方々と一緒に平成原爆焼や折り紙を折ったりしました。また、補助が必要な方には学生がお手伝いしながら制作しました

制作された被爆者の方は「花器はいつまでも残るもの。思いを込めて花器を作成することで、被爆の思いもいつまでも継承できる」、「妹が原爆で行方不明になった。どこかで生きていてくれたら嬉しい」と各々がそれぞれの想いを寄せ制作しました。

なお、作製した原爆焼は素焼きした後、6月25日~29日の期間で絵付け作業を行っていきます。

テレビ局の取材を受ける嘉陽研究員

被爆者に声をかける嘉陽研究員

細かい作業を補助する日本人学生

被爆者に教わりつつ制作する日本人学生

留学生からの自己紹介

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ
嘉陽 礼文

TEL:082-424-4566
FAX:082-424-4545


up