• ホームHome
  • 教職員紹介『広大人通信』(第90号)を発行しました

教職員紹介『広大人通信』(第90号)を発行しました

広島大学の教職員を紹介する『広大人通信』(ひろだいひとつうしん)第90号を発行しました。

本誌は、本学教職員の研究や業務内容をはじめ、個性豊かな一面を紹介するものです。毎月第一金曜日に発行しています。6月は以下の8人です。ぜひご覧ください。

◇川田 和男 准教授 (教育学研究科)「社会とつながる『教育の場』を育む」

◇大石原 匠 グループ員(霞地区運営支援部 総務グループ)「打って反省、打たれて感謝」

◇上野 勝 准教授 (先端物質科学研究科)「染色体の不思議を研究」

◇山崎 恵里 教育研究補助職員(アクセシビリティセンター)「話しやすい場、話しやすい人を目指して」

◇佐能 正剛 助教(医歯薬保健学研究科)「“熱い気持ち”で創薬に貢献する!」

◇斎藤 祐見子 教授(総合科学研究科)「食欲とこころ、そのつながりを探る」

◇掛江 朋子 准教授(国際協力研究科)「法律の”ゆらぎ”が愛おしい」

◇榎田 一路 准教授(外国語教育研究センター)「英語教育と英文学、共通点はテクノロジー」

(取材順で掲載。職名など掲載内容は、取材時(2018年5月)のものです)

【お問い合わせ先】

広島大学広報グループ
電話:082-424-6131
メール:koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up