• ホームHome
  • 教職員紹介『広大人通信』(第96号)を発行しました

教職員紹介『広大人通信』(第96号)を発行しました

広島大学の教職員を紹介する『広大人通信』(ひろだいひとつうしん)第96号を発行しました。

本誌は、本学教職員の研究や業務内容をはじめ、個性豊かな一面を紹介するものです。毎月第一金曜日に発行しています。12月は以下の8人です。ぜひご覧ください。

◇泰田 佳七子  主査  (東千田地区支援室)

「「予想外」にも楽しさを見出して」

◇保坂 哲朗  准教授 (国際協力研究科)

「熱帯雨林で昆虫の働きを探る」

◇平賀 大雄  主任  (教育室教育部学生生活支援グループ)

「“傾聴”はコミュニケーションの土台」

◇湯川 格史  特任助教  (先端物質科学研究科)

「酵母をパートナーに、薬の種を探索」

◇小澤 孝一郎  教授  (医歯薬保健学研究科)

「細胞をストレスから守る!」

◇波多野 さや佳  講師  (理学研究科)

「「予想していなかった結果」が醍醐味」

◇森永 康子  教授 (教育学研究科)

「「『女の子なのに』すごい」は逆効果?」

◇高永 茂  教授  (文学研究科)

「コミュニケーションの現場に立ちあう」

(取材順で掲載。職名など掲載内容は、取材時(2018年11月)のものです)

【お問い合わせ先】

広島大学広報グループ
電話:082-424-6781
メール:koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up