• ホームHome
  • 広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:ホームシック対策~」最終発表会を開催しました

広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:ホームシック対策~」最終発表会を開催しました

7月24日、広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)の留学生が、東広島キャンパスの学生プラザにて「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:ホームシック対策~」実践研究グループプロジェクト最終発表会を開催しました。

北米・ヨーロッパ・オセアニア・アジアの13カ国33大学からの交換留学生39人で構成するグループの代表が、HUSA担当の恒松直美国際センター准教授による英語と日本語の司会・進行のもと実践プロジェクトの進行状況について発表を行いました。昨年10月より1年間取り組んできた、地域と協働する留学生の自助支援プロジェクトの最終成果を見せる場となりました。

発表会は、地域公開として開催され、地域行政・地域企業の皆様や学内の教員・大学院生・留学生からも貴重なフィードバックをいただきました。今回は,広島大学公開講座「グローバル社会・大学・地域を結ぶ~異文化との接触に備えて~」受講者も参加し、地域の皆様を交えての発表会となり、大きな刺激の場となりました。

「留学準備・到着後ガイドブック」、手作りのオリジナルビデオ「広島大学紹介ビデオ」、広大でのインタビューをもとに作成した「広島大学サークル&クラブ」紹介のリーフレット、新しく来日する留学生の生活を楽しくする「HUSAおすすめリスト」など、留学生が創る新しいサポートシステムは新しい風を吹かせてくれそうです。

手作りの広島大学紹介ビデオを紹介するHUSAプログラム留学生

学生にフィードバックをする審査員

【お問い合わせ先】
広島大学国際センター国際教育部門
准教授 恒松 直美

Email: ntsunema*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up