• ホームHome
  • 【2018/8/21~開催・東広島】広島大学総合博物館 第15回ふむふむギャラリー 伊能忠敬没後200年記念企画展示「地図をつくる・地図からわかる」を開催します

【2018/8/21~開催・東広島】広島大学総合博物館 第15回ふむふむギャラリー 伊能忠敬没後200年記念企画展示「地図をつくる・地図からわかる」を開催します

2018年は、伊能忠敬の没後200年にあたります。これを記念して、伊能図(レプリカ)・測量道具(レプリカ)を展示し、さらに測量方法や伊能図の作り方・忠敬ゆかりの広島人の紹介・地図を使った広島大学の研究をパネルで紹介します。また、平成30年7月豪雨の傷跡の地図も掲示します。

入場無料です。皆様のお越しをお待ちしています。

日時

2018年8月21日(火)~9月29日(土)10時~17時
※日曜、月曜、祝日は休館

場所

広島大学総合博物館本館

内容

  • 瀬戸内海・広島周辺を描いた伊能図(レプリカ)
  • 測量に用いた道具類:量程車、鉄鎖、間縄(レプリカ)
  • デジタル伊能図を作ってみよう!
  • 知識を増やそう・広げよう(パネル)
    - 伊能図はどのように作られた?
    - 伊能忠敬ゆかりの広島人
    - 現代の地図・空間情報を活用した広島大学の研究
  • 平成30年7月豪雨の傷跡の地図

主催

広島大学総合博物館

共催

東京地学協会、地理科学学会

協力

河出書房新社

【お問い合わせ先】
広島大学総合博物館

TEL: 082-424-4212


up