• ホームHome
  • 総合博物館が13万人目のお客様をお迎えしました

総合博物館が13万人目のお客様をお迎えしました

2018年10月2日、広島大学総合博物館の来館者が13万人を突破しました。13万人目は、山陽女学園高等部(広島県廿日市市)1年生の石井可南子さん。大学見学の一環で、同級生・先生とともにご来館でした。石井さんには、淺野敏久館長から花束と記念品(ヒロッググッズ、オオサンショウウオグッズ)が贈呈されました。

石井さんからは「広島大学を見学できた上に、13万人目になることができて、喜びが倍になりました。とても驚きました!記念にいただいたものを使って、このことを思い出しつつ、勉強も頑張っていきます。ありがとうございました。」という感想をいただきました。

山陽女学園高等部の皆さんは、セレモニー後に博物館内を見学。「剥製の作り方など、展示品の裏側を知ることができて、貴重な体験になりました。一番豊かな海が瀬戸内海だと知り、身近にあるものだからこそ、より興味を持って聞くことができました。何十年もかけて研究をして、教科書の1ページになったという事を教えていただいて、高校で習うこととは違う、研究していくことのすごさを感じました。ありがとうございました。」という感想もいただきました。

総合博物館は2006年11月に開館。本館の空きスペースを活用した「地図をつくる 地図からわかる」や、職場体験中学生特別展示(2018年10月5日(金)~)などのミニ展示をはじめ、年間を通して開催しているさまざまなイベントや、来館者の興味に合わせたスタッフの解説が好評で来館者数を伸ばしています。

淺野館長(右)から石井さん(左)に記念品を贈呈

館内を見学する山陽女学園高等部の皆さん

館内を見学する山陽女学園高等部の皆さん

スタッフの説明に熱心に耳を傾ける来場者の皆さん

スタッフの説明に熱心に耳を傾けていただきました

広島大学広報誌『HU-plus』 Vol.2

 特集2:[広大のお宝] キャンパスまるごと博物館 (P9~12)

【お問い合わせ先】
広島大学総合博物館

TEL: 082-424-4212
E-mail: museum*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up