• ホームHome
  • 教職員紹介『広大人通信』(第95号)を発行しました

教職員紹介『広大人通信』(第95号)を発行しました

広島大学の教職員を紹介する『広大人通信』(ひろだいひとつうしん)第95号を発行しました。

本誌は、本学教職員の研究や業務内容をはじめ、個性豊かな一面を紹介するものです。毎月第一金曜日に発行しています。11月は以下の皆さまです。ぜひご覧ください。

 

◇都築 政起  教授 (生物圏科学研究科)

「日本の鶏の良さ、ぜひ味わって」

 

 

◇平田 和彦  副部門長 (病院診療支援部リハビリテーション部門)

「広島で地方初のアスリート支援体制を!」

 

 

◇三代川 典史  シニア・リサーチ・アドミニストレーター (学術室研究企画室)

「広がる、つながる、広大の研究を世界へ」

 

 

◇山崎 知恵  主任 (東広島地区運営支援部理学研究科支援室)

「楽しみながら、新しいことにチャレンジ」

 

 

◇柴田 美紀  教授 (総合科学研究科)

「愛すべきマイ・イングリッシュ」

 

 

◇玉木 徹  准教授 (工学研究科、情報科学部)

「画像認識技術の可能性を探る」

 

 

◇泉 雄大  助教 (放射光科学研究センター)

「光で解き明かす、生命現象の謎」

 

 

◇徐 恩之  准教授 (社会科学研究科)

「環境に優しい企業イメージ作りの効果」

 

 

取材順で掲載。職名など掲載内容は、取材時(2018年10月)のものです。

【お問い合わせ先】

広島大学広報グループ
電話:082-424-6781
メール:koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up