• ホームHome
  • 広島大学が「母校への愛着度」ランキングで全国28大学中の7位に入りました

広島大学が「母校への愛着度」ランキングで全国28大学中の7位に入りました

AIを活用した感情データの分析・可視化を専門とする株式会社Emotion Tech(本社・東京)が2018年12月に発表した「全国大学NPS(ネット・プロモーター・スコア)調査」の結果によると、「母校への愛着度」ランキングで広島大学は28大学中の7位となりました。国立大学では2位の東京大学、3位の京都大学に次ぐ順位です。

同社は2018年8月下旬、全国の主な大学の卒業生を対象にインターネットを通じてアンケート調査を実施し、1500人から回答を得ました。

調査は「あなたご自身が卒業した大学に入学することを、家族や親しい友人・知人にどの程度すすめたいと思いますか」という設問を軸に、「大学の印象(イメージ・口コミなど)」「立地・施設(アクセス・広さなど)」「学費(奨学金・入学金など)」「授業(カリキュラム・内容など)」「キャンパスライフ(人間関係・サークルなど)」「就職活動支援(OB・就職実績など)」「卒業後(ネットワーク・会報など)」の7項目の体験について、どの程度「おすすめ度」に影響したかを質問。これを基にNPSを算出しました。

それによると、広島大学のNPSはプラス15%で、全体の7位にランクインしました。項目別でみると、本学は「印象(社会的イメージ・知名度)」「カリキュラム(カリキュラムの種類・単位の取得難易度・授業の分かりやすさ)」の満足度が高かったということです。

調査の詳細はこちら

NPS 大学ランキング

順位 大学名
1位 慶應義塾大学       (63%)
2位 東京大学         (60%)
3位 京都大学         (50%)
4位 早稲田大学        (41%)
5位 関西学院大学、同志社大学 (31%)
7位 広島大学         (15%)
8位 青山学院大学、名古屋大学  (9%)

※ 「全国大学NPS(ネット・プロモーター・スコア)調査」結果に掲載のグラフを一部改編。

【NPS】
NPS(ネット・プロモーター・スコア)は、「ベイン・アンド・カンパニー」のフレッド・ライクヘルド氏らにより考案されました。NPSの数値が高いほど顧客のロイヤリティが高いことを意味しており、従来の顧客満足度より収益との相関性が高いとされています。米国では売り上げ上位企業500社(Fortune 500)の35%がこの指標を経営に取り入れているともいわれています。今回は、大学のOBやOGの母校のNPSを調べることで、母校への愛着度を知ることができます。

 

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp
(注:*は半角@に変換して送信してください。)


up