• ホームHome
  • 硬式野球部の学生が日本学生野球協会優秀選手の表彰を受けたことを学長に報告しました

硬式野球部の学生が日本学生野球協会優秀選手の表彰を受けたことを学長に報告しました

左から、手塚貴大 硬式野球部長(社会科学研究科教授)、越智学長、中田さん、古澤副学長

左から、手塚貴大 硬式野球部長(社会科学研究科教授)、越智学長、中田さん、古澤副学長

広島大学体育会硬式野球部の中田朋輝さん(工学部)が2月13日、越智学長を訪問し、平成30年度第51回日本学生野球協会の優秀選手として表彰を受けたことを報告しました。本表彰は、年1回、高校・大学野球において活躍した選手を表彰するもので、高校は47都道府県から1人ずつ、大学は全国26の野球連盟から1人ずつの計73選手が選出されています。

広島大学硬式野球部は今年度、広島六大学野球春季リーグ戦の優勝を決め、2018年6月に行われた第67回全日本大学野球選手権大会に35年ぶりに出場しました。中田さんはエースとしてチームをけん引し、チームが躍動する原動力となりました。

中田さんは本年3月に広島大学を卒業予定。卒業後も野球を続けるという中田さんに、越智学長は「努力を継続できる力を持っているのだから、どこへ行っても大丈夫。広島大学在学中に栄誉ある表彰を受けたことに誇りを持って、これからも頑張ってもらいたい」とエールを贈りました。

平成30年度第51回日本学生野球協会優秀選手の詳細は、こちらをご覧ください。
(公益財団法人日本学生野球協会のウェブサイトに移動します)

越智学長に盾を見せ、表彰を報告する中田さん

越智学長に盾を見せ、表彰を報告する中田さん

全日本大会では強豪校相手に堂々たる投球を見せた

全日本大会では強豪校相手に堂々たる投球を見せた

関連記事

【お問い合わせ先】
広島大学学生生活支援グループ

E-mail: gakusei-group*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up