• ホームHome
  • 【研究成果】脂肪肉腫の悪性度を決定するメカニズムを解明 ~分泌タンパクTIMP-4とTIMP−1によるがん促進因子YAP/TAZの制御~

【研究成果】脂肪肉腫の悪性度を決定するメカニズムを解明 ~分泌タンパクTIMP-4とTIMP−1によるがん促進因子YAP/TAZの制御~

本研究成果のポイント

  • 軟部組織で最もよく発生するがんである脂肪肉腫において、その病症の進退に大きく関係するYAP/TAZの活性化メカニズムは解明されていませんでした。
  • 高分化型脂肪肉腫(予後良好)においてTIMP−4はがん促進因子であるYAP/TAZを不活性化し、脱分化型脂肪肉腫(予後不良)においてTIMP−1はYAP/TAZを活性化することで、細胞の増殖・遊走を亢進させ、予後不良に導くことを明らかにしました。
  • 本研究により、TIMP-4/TIMP-1が制御するYAP/TAZシグナル経路を標的とした新しい脂肪肉腫の診断・治療法開発の可能性を見出しました。

概要

脂肪肉腫は軟部組織で最もよく生じるがんです。予後の良好な高分化型と、予後が不良な脱分化型があります。特に脱分化型の脂肪肉腫において、がん促進因子であるYAP/TAZ(注1)は異常に活性化し、細胞の増殖に大きく寄与しています。

これまでの研究において、TIMP−1(注2)がYAP/TAZをさまざまながんで活性化させる機構を解明されていますが、脂肪肉腫におけるTIMP-1の詳細な役割は明らかになっていませんでした。

広島大学大学院医歯薬保健学研究科 口腔顎顔面病理病態学研究室(髙田隆教授)の安藤俊範特任助教を中心とした研究チーム(論文投稿時)は、高分化型脂肪肉腫はTIMP-4(注3)を高発現してYAP/TAZを抑制し、一方、脱分化型脂肪肉腫(予後不良)はTIMP-1を高発現してYAP/TAZを活性化していることを明らかにしました。

本研究の成果により、今後、TIMP-1およびTIMP−4が制御するYAP/TAZ経路を指標とした新しい脂肪肉腫の診断・治療法開発の可能性を見出しました。

本研究成果は、「Carcinogenesis」オンライン版に掲載されました。

用語解説

(※1) YAP/TAZ (Yes-associated proteinおよびtranscriptional co-activator with PDZ binding motif)
がん抑制シグナル伝達経路であるHippo-pathwayのエフェクター因子であり、転写共役因子として働く。TAZはYAPのparalogueである。増殖関連遺伝子の転写を行い、細胞増殖において中心的役割を担っている。

(※2) TIMP-1 (Tissue inhibitor of metalloproteinase-1)
TIMP family(TIMP-1~-4)の一つであり、分泌タンパク質である。以前の研究で、YAP/TAZを活性化させることが明らかになっている。

(※3) TIMP-4 (Tissue inhibitor of metalloproteinase-4)
TIMP family(TIMP-1~-4)の一つであり、分泌タンパク質である。正常脂肪組織にて高発現を示す。

脂肪肉腫におけるTIMP-1/TIMP-4によるYAP/TAZ活性化機構

脂肪肉腫におけるTIMP-1/TIMP-4によるYAP/TAZ活性化機構

論文情報

  • 掲載雑誌: Carcinogenesis
  • 論文題目: The transition of tissue inhibitor of metalloproteinases from -4 to -1 induces aggressive behavior and poor patient survival in dedifferentiated liposarcoma via YAP/TAZ activation
  • 著者: Madhu Shrestha, Toshinori Ando, Chea Chanbora, Shinnichi Sakamoto, Takashi Nishisaka, Ikuko Ogawa, Mutsumi Miyauchi, Takashi Takata*
    *Corresponding author (責任著者)
  • DOI: 10.1093/carcin/bgz023
【お問い合わせ先】
広島大学大学院医系科学研究科
特任助教 安藤 俊範

TEL: 082-257-5632 (可能な限りE-mailへご連絡願います)
E-mail: toando*ucsd.edu (*は半角@に置き換えて送信してください)


up