• ホームHome
  • 第4回日墨学長会議に出席しました

第4回日墨学長会議に出席しました

第4回日墨学長会議に出席しました

2019年9月9日、10日の2日間に渡り、日本の23大学とメキシコの38大学が参加した第4回日墨学長会議がメキシコシティにて開催され、本学からは越智光夫学長および佐藤利行理事・副学長、平見尚隆特任教授が出席しました。第1日目はメキシコ国立自治大学(UNAM)、第2日目はメキシコ大学院大学(COLMEX)にて行われました。

開会式には、メキシコ政府のマルセロ・エブラルド外務大臣やフアン・パブロ・アロヨ公共教育省副大臣も出席されました。本学の越智光夫学長が日本側参加大学を代表して挨拶し、地球規模課題の解決に、大学が果たすべき役割は大きく、その際に「平和」と「持続可能性」が欠かせない視点であることを、本学が世界で最初の被爆地にある大学で、人類史的なミッションを担っていることを踏まえながら述べました。

その後、「Society 5.0」「The Role of Universities towards Sustainability」「Natural Phenomena-related Hazards and Risks」「The Future of the Universities」をテーマにした4つのセッションを設け、両国の大学の学長等が各大学での取組を交えながら発表し、その後、全体での活発な意見交換が行われました。

本会議の最後には、両国の学術交流の更なる拡大を述べた共同声明が読み上げられ、閉幕しました。次回の日墨学長会議は、日本で開催されます。

【関連記事】
第3回日墨学長会議が始まりました
第3回日墨学長会議が共同声明を採択して閉幕

開会式での越智学長の挨拶の様子

開会式での越智学長の挨拶の様子

セッションの様子

セッションの様子

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6045
 


up