• ホームHome
  • フィリピン・ミンダナオ島バンサモロ暫定自治政府イブラヒム暫定首相らが本学を訪問しました

フィリピン・ミンダナオ島バンサモロ暫定自治政府イブラヒム暫定首相らが本学を訪問しました

2020年2月5日、バンサモロ暫定自治政府のアホッド・アル・ハッジ・ムラド・イブラヒム暫定首相らが本学東広島キャンパスを訪問し、越智光夫学長と会談しました。会談には、佐藤利行理事・副学長(国際・平和・基金担当)、丸山恭司副学長(国際交流担当)および吉田修教授(社会科学研究科)が同席しました。

広島大学は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「草の根技術協力事業」を通じ、広島県と共同でミンダナオ地域の和平の定着を支援する平和構築事業を実施してきました。2018年には、自治政府公務員候補者の研修生ら12人が越智学長を表敬訪問しました。

1949年に被爆地ヒロシマに開学した本学は、「自由で平和な一つの大学」という建学の精神を継承し、平和を希求する精神を理念の一つに掲げています。今後も、人材育成などを通じたミンダナオ和平プロセスへの貢献が期待されます。

集合写真

イブラヒム暫定首相(左)と越智学長(右)

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL : 082-424-6045
 


up