• ホームHome
  • 令和元年度広島大学学位記授与式(卒業式)を挙行しました

令和元年度広島大学学位記授与式(卒業式)を挙行しました

令和元年度学位記授与式を挙行しました

2020年3月23日、令和元年度広島大学学位記授与式を東広島キャンパス・サタケメモリアルホールで挙行しました。

新型コロナウイルス感染症への感染防止の観点から、会場を従来の東広島運動公園から変更。卒業生・修了生の代表者のみが式典に参加し、時間も大幅に短縮して行われました。式典の様子はYouTubeで録画配信されました。午後からは、各学部・研究科において、専攻等に分かれ、卒業・修了する学部生2,344人、専攻科生11人、大学院生1,316人、合計3,671人に対し卒業証書・学位記が授与されました。

越智学長は式辞の中で、自然災害や今回の感染症のように世界規模で生じている諸問題に立ち向かっていくには、how(どのように)を習得するとともに、自らの頭でwhy(なぜ)を考え続ける「大学での学び」が重要であると述べました。「これから歩んでいく人生という航海の中で、嵐に遭遇したり、進むべき方向を見失ったりする時もあるかもしれません。自ら正確な問いをたて、答えを問い続け、考え続けることで、壁を乗り越えて行けると確信しています」とはなむけの言葉を贈りました。

博士課程修了生の代表として式典に参加した、文学研究科 余 佳城(よ かじょう)さんは、「少し緊張しましたが、この日を迎えることができうれしく思います。広島大学での学生生活を通じ多くの仲間ができ、国を超えて互いに理解しあうことの重要さを学びました。帰国後は、大学で得た知識を活かしながら、中国の大学で教員として働きたいと思います」と意気込みを述べました。

学長式辞全文はこちら (日本語) (英語)

動画はこちら(Youtube広大動画チャンネル)

式の様子を録画配信しています。

学位記を受け取る修了生代表

学位記を受け取る修了生代表

学長式辞

学長式辞

工学研究科での学位記授与の様子

工学研究科での学位記授与の様子

総合科学部での学位授与の様子

総合科学部での学位記授与の様子

会場前で記念撮影

会場前で記念撮影

学部・研究科前にも看板が設置されました

学部・研究科前にも看板が設置されました

※当日の様子をおさめたハイライト動画と写真は、後日ウェブサイトや広島大学公式SNSで公開予定です。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL: 082-424-6762
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up