• ホームHome
  • 広島大学マスコットキャラクター「ひろティー」が誕生しました

広島大学マスコットキャラクター「ひろティー」が誕生しました

広島大学の構成員の連帯感を高め、魅力や情報の発信力を強化するため、2020年3月、広島大学初となるマスコットキャラクター「ひろティー」が誕生しました。

ベーシックデザインとなる「フェニックスマーク」は、広島大学のシンボルである「フェニックス」をモチーフにしています。「フェニックス」とは、原爆投下後の廃墟から再生する広島大学を表す「フェニックス」(不死鳥)と、フェニックスという名前で呼ばれ、学章にも図案化されているヤシ科の植物「フェニックス」の葉を指します。マークには、フェニックスの葉が、幾多の困難を乗り越えて大きく育ち、不死鳥のようにたくましく大空へ羽ばたいていく姿を学生に重ね合わせてデザインしています。

このフェニックスマークに親しみを持っていただくために、フェニックスをキャラクター化したものが、マスコットキャラクター「ひろティー」です。

これらのキャラクターデザインは、広島を拠点に国内外で活躍するイラストレーターのカミガキ ヒロフミ氏によるものです。本学から依頼したコンセプトを基に、カミガキ氏が3案のデザインを作成。その中から、学生・教職員による学内投票で決定しました。名前についても学内公募を行い、広島大学の「ひろ」と、University(大学)の「ティー」を合わせた「ひろティー」に決定しました。

フェニックスマーク

フェニックスマーク
(商標登録出願中)

マスコットキャラクター「ひろティー」
(商標登録出願中)

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

Email:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*を@に変換してください)


up