• ホームHome
  • 令和2年度広島大学秋季入学式を挙行しました

令和2年度広島大学秋季入学式を挙行しました

2020年10月1日、令和2年度広島大学秋季入学式を東広島キャンパスのサタケメモリアルホールで挙行し、292人(内留学生251人)の新入生を迎えました。
新型コロナウイルス感染症への感染防止の観点から、式典には、新入生のみが参加しました。

越智光夫学長は、コロナ禍に対し世界が国境を越え協働して立ち向かうことを訴えた後、広島大学の平和、グローバル、大学改革などの取り組みについても紹介。その後、新入生らに向けて「コロナ禍に入学された皆さんの胸中は、期待と不安が入り混じっているだろうが、世界を少しでも良くしようという強い意志と熱い情熱を持ち続けていれば、必ず未来は開けると確信している。明日から始まる第3タームでは、授業全体の50%程度を対面で実施できる予定。「素晴らしい大学で学べてよかった」と思っていただけるように、広島大学は全力で皆さんを応援していくことを約束します。」と英語で激励と歓迎の言葉を送りました。

秋季入学式は、例年新入生の多くが留学生であることから、日本語と英語の2カ国語で実施しています。

以下から式典の様子がご覧になれます(Youtube)

式の様子

式辞を述べる越智学長

※新型コロナウイルス感染症への感染防止の観点から、式典には新入生のみが参加しました。マスクは屋内ではスピーチ時、屋外では撮影の瞬間のみはずし、被写体の学生が会話をしない状態で撮影を行っています。

【お問い合わせ先】
広島大学総務グループ

TEL:082-424-6032
E-mail:soumu*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*を半角@に変換してください)


up