• ホームHome
  • 第14回広島大学ホームカミングデーを開催しました(東広島キャンパス)

第14回広島大学ホームカミングデーを開催しました(東広島キャンパス)

オープニングアクト動画(アカペラサークルによる大学歌)

2020年11月7日、第14回広島大学ホームカミングデーが開催されました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため例年と異なるプログラムで実施。あいにくの雨模様でしたが、キャンパスのあちこちで久しぶりの再会を喜ぶ姿が見られました。各学部・研究科等の特色ある企画や物産展には、卒業生や地域の方が集まり、にぎやかな1日となりました。今回初めてオンラインホームカミングデーを同時開催し、遠方に住む卒業生・保護者の方等にも参加いただきました。

  • オンラインホームカミングデー特設ページはこちら

サタケメモリアルホールで行われたオープニングセレモニーでは、大学を紹介する動画の上映や学長表彰に続き、生物学者の福岡伸一氏による講演会が行われました。福岡氏は幼いころ両親からもらった顕微鏡での観察を通じ、生き物の世界にのめりこんでいったエピソードや、分子生物学者としての研究から到達したという「動的平衡生命観」について説明。「新型コロナウイルスをはじめとするウイルスも変化し続けており、完全にこの世界から撲滅することはできない。しかし、それと同時に絶えず人間の身体もそれに対応して変化し続けている。正しく自然を理解し、恐れすぎることのないようにしてほしい」と呼びかけました。講演はYouTubeでもライブ配信されました。

このほか、学部1年次・2年次生の保護者やご家族を対象とした「広島大学地域懇談会」では、学長講演をはじめ、学生生活・留学・進路などについての説明、卒業生・大学院生による講演が行われ約200人が熱心に聞き入っていました。その後の情報交換会では、参加者と本学教職員や卒業生・大学院生との間で、活発な意見交換が行われました。

メイン会場前では連携協定を結ぶ広島県内市町などから、特産品や人気グルメが結集。お昼時には、長蛇の列ができていました。ステージでは、学生のパフォーマンス等が行われ、会場を盛り上げました。

このほか、研究施設や博物館の一般公開、各学部による展示・企画、工学部100周年事業のイベントなどがありました。たくさんの方々にお越しいただき、どうもありがとうございました。

11月14日(土)には霞キャンパス11月21日(土)には東千田キャンパスでもホームカミングデーが開催されますので、ふるってご参加ください。

メイン会場前

牡蠣などの地元グルメ・特産品が並ぶ

越智学長の挨拶

学長表彰をうける若手研究者ら

福岡伸一氏講演会

福岡氏講演の様子

特設ステージでは吹奏楽団、応援団などがパフォーマンス

保護者向け地域懇談会(全体説明)

工学部試験水槽等の実験施設公開

放射光科学研究センター 実験コーナー

文学部・研究科の留学生らとの懇談(世界のティータイム)

総合科学部スポーツ健康科学研究室による健康測定会

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL: 082-424-6762
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up