• ホームHome
  • 3月15日から東広島キャンパスで自動運転シャトルの運行を開始します

3月15日から東広島キャンパスで自動運転シャトルの運行を開始します

【運行に関するお知らせ】

  • 4月30日(金)は運休です。
  • 5月から運行時間が変更されます。

 

2021年3月15日から、東広島市Autono-MaaS推進コンソーシアムが実施する自動運転実証実験の1つとして、東広島キャンパスにおいて自動運転シャトル(HIROMOBI)運行の実証実験を開始します。

※ 自動運転シャトル運行は実証実験のため、利用者は本学の学生・教職員を対象としています。

  • 運行日:平日のみ(土日祝運休)
  • 運行時間:10:00~16:00
         10:00~16:30(13:30~14:30は休憩)※5月から
  • 運行ルート:生物生産学部前から保育園前までの折り返し運転
  • 運行間隔目安:約30分
  • 料金:無料 (原則として、本学の学生・教職員が利用可能)
  • 定員:4人
  • 主要バス停通過時間(分)目安:
    • (左回り)
      •  生物生産学部前 毎時00分、30分
      •  本部棟前 毎時05分、35分
      •  教育学部前 毎時10分、40分
      •  保育園前 毎時15分、45分
    • (右回り)
      •  保育園前 毎時15分、45分
      •  教育学部前 毎時20分、50分
      •  本部棟前 25分、55分
      •  生物生産学部前 毎時00分、30分

※バス停、および運行時間は予告なく変更することがございます。また、車両故障、悪天候などにより運行を中止する場合がございます。

※乗車の際にアンケートにお答えいただくとひろティーと自動運転シャトルがコラボした特製ノベルティグッズをプレゼントします。(先着順)

実証に関するお問い合わせ 

東広島市Autono-Maas推進委員会事務局
東広島市政策企画部政策推進監 
電話(082)420‐0917


up