• ホームHome
  • 本学の卒業生 堀川惠子さんの著書が「第48回大佛次郎賞(2021年度)」を受賞しました

本学の卒業生 堀川惠子さんの著書が「第48回大佛次郎賞(2021年度)」を受賞しました

朝日新聞社が主催する、第48回大佛次郎(おさらぎじろう)賞に堀川惠子さん(総合科学部卒業)の著書『暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ』(講談社)が選ばれました。

今年11月に開催した広島大学ホームカミングデーでは本書の取材をたどりながら、「広島で学んだ戦争と平和」と題して講演いただきました。
ホームカミングデーの開催報告はこちらからご覧になれます。

堀川惠子さんプロフィール

1969(昭和44)年広島県生まれ。1992(平成4)年広島大学総合科学部卒業。広島テレビ放送に入社後、報道記者、ディレクターを兼務。2004(平成16)年に退社、フリーのドキュメンタリーディレクターを経てノンフィクション作家。

大佛次郎賞とは

小説、ノンフィクション、歴史記述など幅広い分野で活躍した作家・大佛次郎氏は、朝日新聞紙上に「天皇の世紀」を連載中 に死去。その業績をたたえて、1973年に創設された「大佛次郎賞」は、形式を問わず優れた散文作品に贈られます。

※上記情報は朝日新聞社のWEBサイトより引用。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up