• ホームHome
  • 水産物や家禽産物の生産を支える新しい炭素循環システムを構築するための研究課題がe-ASIA共同研究プログラムに採択されました

水産物や家禽産物の生産を支える新しい炭素循環システムを構築するための研究課題がe-ASIA共同研究プログラムに採択されました

 科学技術振興機構(JST)が公募した令和4年度e-ASIA共同研究プログラムの「環境(海洋科学と気候変動)」分野の新規課題として、大学院先進理工系科学研究科の中井智司教授が研究チームリーダーを務める共同研究課題「代替魚油を生産する炭素循環システムの構築と健康に有益な水産、家禽(かきん)産物の生産への応用」が採択されました。

採択された共同研究プログラム研究課題の説明

 魚油に含まれるドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸(DHAやEPA)などの多価不飽和脂肪酸(PUFAs)は水産養殖に不可欠であると共に、ヒトの健康維持にも有用です。一方、世界の養殖漁業生産量はこの20年で4倍となる一方で、DHA・EPA含有食品の消費も拡大しています。このため、PUFAsの原料となる魚油の需要は増加の一途にありますが、魚の資源には限界があります。本共同研究では、DHAやEPAといったPUFAsを生産する「スラウストキトリッド ※1」を培養し、その産物を魚油に代わるPUFAs源として、魚、エビなどの水産物やDHA・EPA強化卵といった家禽産物の生産に利用するシナリオの実現を目指します。
本共同研究は、SDGsの「12.つくる責任つかう責任」、「14.海の豊かさを守ろう」へ向けた取り組みです。

(※1)スラウストキトリッド:
有機物を利用して増殖し、多価不飽和脂肪酸といった有用な物質を生産できる微生物です。

研究課題イメージ図

研究課題イメージ図

採択にあたっての中井教授のコメント

 本共同研究で提案している炭素循環シナリオを社会実装したい。それに尽きます。本共同研究の各国チーム代表者の専門は偶然にも化学工学でしたが、各国チームが取り組む内容は異なるため、各国研究チームメンバーの専門分野はバラエティーに富んでいます。例えば日本側チームの研究は、先進理工系学研究科、そして統合生命科学研究科や環境安全センターの先生方と進めて参ります。本国際共同研究では、研究内容そのものだけでなく、研究者のネットワーク形成においても成果をあげていきたいと考えています。

【以下、プログラム等の詳細】

プログラム名: e-ASIA共同研究プログラム
分野: 環境(海洋科学と気候変動)
研究開発課題名: 代替魚油を生産する炭素循環システムの構築と健康に有益な水産、家禽産物の生産への応用
研究実施期間: 約3年間

 e-ASIA共同研究プログラムは、JSTの戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)の中の多国間の国際共同研究を推進するプログラムの1つで、東アジアサミット参加国において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を実施する事業です。
 本プログラムは、JSTが4カ国4機関のファンディングエージェンシーと共同し、「材料(マテリアルズ・インフォマティクス)」分野及び「環境(海洋科学と気候変動)」分野(以下、環境分野)の共同研究の募集を行ったもので、募集要件として、3カ国以上の共同研究とする条件があり、日本国内の大学や研究機関、企業などで研究に従事している研究者であることが日本側の応募資格となっているものです。
 本プログラムに環境分野として採択された課題は「代替魚油を生産する炭素循環システムの構築と健康に有益な水産、家禽産物の生産への応用」で、日本・インドネシア・フィリピンの共同研究です。
 インドネシア研究チームとフィリピン研究チームには、本学で学位を取得した若手研究者が在籍し、本課題の基礎でもある「食品向上の排水を用いたスラウストキトリッドの培養」などの研究を行っていたという下地がありました。
 この若手研究者たちと両国の研究代表者と共同し各国の研究チームを作り上げ、オンライン会議により何度も打ち合わせを実施しながら、本プログラムへ3カ国での共同研究申請に応募し、今回の採択となりました。

研究代表者の所属・役職・国

広島大学 大学院先進理工系科学研究科・中井 智司・日本 ※研究チームリーダー
スラバヤ工科大学 産業化学工学科・ソプリアント教授・インドネシア
フィリピン大学 ロスバニョス校 化学工学科・ベロニカ ミゴ教授・フィリピン

【お問い合わせ先】
大学院先進理工系科学研究科
教授 中井 智司

TEL:082-257-7621
E-mail:sn4247621*hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up