• ホームHome
  • 湯来町でオオサンショウウオがさらに見つかりました(地域の元気応援PJ)

湯来町でオオサンショウウオがさらに見つかりました(地域の元気応援PJ)

調査メンバー(写真撮影時のみ、マスクを外しています)

NPO 法人湯来観光地域づくり公社、総合博物館の清水則雄准教授と学生たちは、9月9日のキックオフに引き続き、9月末と11月の2回にわたって湯来町でオオサンショウウオの生態調査を行い、計3回の調査で14個体を確認しました。

11月には、地域への情報発信の一環として、湯来西小学校で総合博物館の清水則雄准教授が出前授業を行い、子供たちにオオサンショウウオの生態などを説明しました。

オオサンショウウオの幼生

出前授業の様子

また、環境DNAによる調査のための採水も行いました。環境DNA調査とは、川や海などの水の中に溶け込んでいる生物の排泄物などからDNAを探し出し、生息している生き物の種類や個体数などの情報を得るものです。環境への負荷が少ないことから、さらに幅広い手法の研究開発が期待されている調査方法です。

メンバーは、さらに調査を行うとともに、この豊かな生態環境を維持し、オオサンショウウオと共存していくために、地域の方への情報発信のイベントなどの企画を始めています。

環境DNA調査用の採水の様子

お問い合わせ先

学術・社会連携部 地域連携部門
E-mail: chiikirenkei*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up