被害状況

2018年7月9日(月) 掲載

①人的な被害
2018年7月9日時点での安否確認システムによる調査では、学生・教職員の人的被害は確認されていません。

②物的な被害
【東広島キャンパス】
・環境安全センターの地下室(タンク・自家発電機)が浸水し、センターの水処理が停止しました。(写真1)
・中央図書館とサタケメモリアルホールの法面が一部崩れました。(写真2)
・附属幼稚園の裏山が崩れ、土砂がブールバールの歩道及び車道に流出しました。(写真3)
・ががら第一職員宿舎4号の裏山が崩れ、土砂が「ががら道」を越えて流出しました。(写真4)
・池ノ上学生宿舎、山中池付近に土砂が流入しました。(写真5)

【霞・東千田キャンパス】
被害の報告はありません。

写真1

写真2

写真3

写真4

写真5


up