医療安全管理部

「医療安全管理部」は、安全な医療を提供することを目的として、平成14年4月に病院長直属の部署として位置付けられています。
ISO9001システムを導入し、業務改善や職員の意識向上などを図るほか、外部監査による指摘事項の改善に努めています。

医療安全管理部長あいさつ

医療安全管理部のご紹介
医療安全管理部長
岡田 守人

国民が安心して、現業に精を出して働けるためには、福祉・保健を含めた医療、環境及び教育が保証されていることが必要と考えられます。
特に、世界に先んじて高齢化社会に突入した日本では、生産年齢比率の低下と相まって、より健康で介護程度が高くならないような医療サービスの実施が望まれています。
大学病院では、高度な医療や新しい医療の開発も使命としていますが、それにもまして、より安全な医療の提供が求められています。医学や医療技術は日進月歩であり、医療人としての自覚を持って日々研鑽を積んでいるところです。
医療安全管理部は「人間は誰でも間違える。しかし、間違いは防ぐことができる」をモットーとして、“より安全な医療を提供する”ためにいろいろな活動をしています。日常臨床の現場で、“ヒヤリ”としたり、“ハッ”とした出来事(ヒヤリハット)を医療従事者全員で共有し、その原因を分析し、“システムとして再発を予防できる対策”を考え、改善のための提言をしています。
医療の中心は患者さんです。広島大学病院の理念の一つである、「全人的医療の実践」を実現するために、皆さんの御理解、ご協力をお願いします。

医療安全管理部について

副部長(専任リスクマネジャー):宮本真太郎(医師)・渡谷祐介(医師)
専任リスクマネジャー:新谷公伸(看護師)・ 藤代晃子(看護師)・森木昌子(薬剤師)
業務紹介:インシデントレポートシステムにより院内で発生したヒヤリハット事例や医療事故の情報収集して、その原因究明や再発防止策について現場での検討を支援し、その情報をリスクマネジャー会議などを通じて現場にフィードバックします。
また、医療安全管理職員研修を企画し、医療安全に対する職員の意識向上に努めています。


up