てんかんセンター(広島県指定 てんかん支援拠点病院)

てんかんセンタートップ

お知らせ

  • 日本てんかん学会認定包括的てんかん専門医療施設として認定されました。(認定日2021年4月1日)
新聞記事掲載のお知らせ
  • てんかん診断ロボ導入 患者負担や手術時間減(中国新聞2022年7月1日掲載)
  • てんかん手術支援ロボ 広大病院導入 時間短縮、合併症リスク減(読売新聞2022年7月29日掲載)
  • てんかん支えが大切 井筒親方 経験語り理解訴え 27日広島でフォーラム(中国新聞2022年11月9日掲載)
    ※11月27日(日)開催の市民フォーラム「てんかんを考える」にビデオ出演する井筒親方の記事が掲載されました。こちらからご覧ください。
20221127市民フォーラムチラシ
市民フォーラム2022「てんかんを考える~ともに働くために~」を開催します(来場&LIVE視聴)

日時:2022年11月27日(日)13:30~16:00(開場13:00)
場所:広島県医師会館 医師会ホール(広島市東区二葉の里3-2-3)
来場定員(150人)・LIVE視聴 どちらも参加無料

申し込み締切:11月21日(月)必着

詳細はこちらからご覧ください。

第10回 広島てんかん・脳波セミナー(HEES)を開催しました

2022年10月1日実施

てんかんの手術支援ロボット 広島大学病院が西日本で初めて導入

広島大学病院は、難治性てんかんの診断・外科治療における新しい手法:定位的深部脳波検査(SEEG)を素早く正確に行える「てんかん手術支援ロボット」を導入しました。導入は西日本初(全国3例目)です。
詳細はこちらからご覧ください。

てんかん疾患啓発活動 サンフレとコラボ 第7弾

2022年3月24日~3月31日にケーブルテレビ「ちゅぴコム」で、世界的なてんかん啓発活動の日「パープルデー」に合わせ、J1サンフレッチェ広島の森﨑浩司アンバサダーと飯田幸治てんかんセンター長の対談が放送されました。現在、広島大学YouTubeで対談動画を公開しています。皆様どうぞご覧ください。

オンライン診療を開始しました

てんかんセンターでは、主治医のもとで当院の専門医がオンラインで診療を行う「遠隔連携診療」(※1)と、遠隔地からでも当院の専門医のセカンドオピニオンが受けられる「オンライン・セカンドオピニオン」を開始しました。株式会社メドレーのオンライン診療システムCLINICSを利用します。(2020年6月利用開始)

※1「遠隔連携診療」は医療機関からのみ予約お申込みができます。 

市民フォーラム2019「てんかんを考える~10年の歩み~」を開催しました

2019年11月17日(日)広島県医師会館において、市民フォーラムを開催しました。てんかんを手術により克服し、ジャパンラグビートップリーグの三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンとしてご活躍中の土佐誠選手にご講演いただきました。市民フォーラムの様子はこちらからご覧ください。

サンフレコラボ 第5弾
てんかん疾患啓発活動 サンフレとコラボ 第5弾を行いました

2019年3月17日実施

ミニゲーム
てんかん疾患啓発活動 サンフレとコラボ 第3弾

広島大学病院(てんかんセンター)とサンフレッチェ広島のアカデミー部は、平成29年12月21日(木)、県立広島北特別支援学校(安佐北区三入東)でサッカー教室を初めて開催しました。

てんかんセンターが病院長表彰を受けました

2017年3月27日

広島大学病院が広島県「てんかん診療拠点機関」に指定されました

2015年11月20日

サンフレッチェ広島コラボバッジ

てんかんセンター

TEL:082-257-1719
月~金曜日の平日10時~16時まで受付


up