歯科衛生室

歯科衛生士は病院の医療技術職のとして診療支援部に所属しています。歯科領域の外来診療科で歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導を業務とし、他職種と連携をとりながらチーム医療を行っています。また、質の向上を目指した研究と優れた歯科衛生士育成のための学生指導も行っています。

各診療科での歯科衛生士の役割

歯科衛生士外来センター

お口の健康維持・増進、疾病予防を目的とし、自費診療にてクリーニング(PMTC)やデンタルマニキュアなどを中心にしたプロフェッショナルケアを行い、快適なライフステージが実現できるようサポートしていきます。また、歯科医師、看護師、言語聴覚士などとのチーム医療の一員として入院患者さまの専門的口腔ケアも行っています。

むし歯・変色歯診療科

歯科医師と連携をとり、むし歯治療開始前から口腔内環境改善を目的に口腔内クリーニング、歯磨き指導を行っています。治療終了後もむし歯再発予防のためのメインテナンスを行います。変色歯治療においては、変色に関しての訴えを十分に聞きいれ、生活環境改善指導や機械的歯面清掃を行い、患者様が満足した治療が受けられるよう配慮しています。

歯周診療科

歯周治療の最初からメインテナンスまで携わり、検査、歯石除去等や患者様の一人ひとりに適した歯磨き・食事など生活習慣に関わる指導を行っています。また、糖尿病や喫煙、口臭のある患者様が歯周病との関連性を理解し積極的に治療に参加いていくためのモチベーションを高める役割も担っています。常に患者様の生活環境を考慮に入れ、患者様の立場にたった指導をしています。

小児歯科

小児の歯科治療に対する恐怖心を和らげるために、歯科器具を使っての遊びを交えた練習や、治療に自信が持てるよう勇気づけのなど、時間をかけてじっくり対応 することで心理面でのケアを行うと同時に、保護者・小児と歯科医師との潤滑油的役割も担っています。また、当院の小児病棟へ往診に出向き、全身疾患を有する患児の口腔ケアも行っています。

予防歯科

今現在の口腔内状態を維持していくために、指導・処置・励ましを行うことで患者様自らの口腔疾患予防行動への意欲を高めることを役割としています。また、広島大学病院血液内科(元原医研内科)からの紹介を受けて、血液疾患患者様の指導および感染リスクコントロールを行っています。患者様と一緒に考え、訴えを十分に聞いたうえでの指導、処置に対しては痛みを与えず、来院時には口腔内をクリーンな状態にすることを心がけています。

障害者歯科

歯科治療が困難な方には治療を受けやすいよう、慣れるための個々に合わせたトレーニング(視覚支援、TSD法など)を取り入れながら、歯磨き指導や定期検診を通して歯科に対する恐怖心を取り除き、治療ができるようにサポートしています。また、治療時の体位の調整や移乗の介助には十分な配慮を心がけています。

咬合・義歯、口腔インプラント診療科

ご高齢の方、車椅子使用の方の全身状態を把握し、安心して安全な治療が受けられるように見守っています。また、口腔内の変化に伴い口腔清掃が重要になってくるインプラントの術前後、補綴物装着前後、口腔外科術後の顎補綴使用中の患者様への清掃方法の指導やメインテナンス、必要に応じて高齢者の患者様の家族指導も行っています。

矯正歯科

矯正歯科治療を進めていく流れのなかで歯科医師と連携をとり、複雑に変化する口腔内環境を理解してもらうと同時に、むし歯・歯周病予防を目的にプラークコントロール・歯磨き指導を行います。また、ブラッシングが困難な外科矯正歯科の手術前後、口唇裂口蓋裂の口腔ケア、保定中のメインテナンスも行っています。


up