エイズ医療対策室

当院は中四国地方のエイズブロック拠点病院であり、エイズ医療対策室には、医師、看護師、臨床心理士、社会福祉士、事務担当が在籍し、HIV感染症患者に対する包括ケアの提供、HIV/AIDSに関する臨床研究、ブロック内の拠点病院・一般病院への各職種研修会の提供を行っています。
HIV/AIDS診療では1980年代より各種コメディカルを交えたチーム医療を実践しており、最近は総合診療科医師もチームに加わっています。また血友病をはじめとする先天性・後天性血液凝固異常症に対して、豊富な診療実績もあり、特に薬害エイズ被害者のケアは、肝臓内科や整形外科など各診療科と連携のもと体制が充実しています。


up