• ホームHome
  • 広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:適応と再適応~」第2回中間発表会を開催しました

広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:適応と再適応~」第2回中間発表会を開催しました

4月24日、広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生約50人(北米・ヨーロッパ・オセアニア・アジア出身)が、東広島キャンパスの学生プラザにて「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援:適応と再適応~」実践研究グループプロジェクト第2回中間発表会を開催しました。

17カ国41大学からの交換留学生で構成する7グループが、HUSA担当の恒松直美森戸国際高等教育学院准教授による英語と日本語の司会・進行のもと、実践プロジェクトの進行状況について発表を行いました。現在、留学生の自助支援プロジェクトの一環として大学における適応支援と再適応支援の研究グループプロジェクトに取り組んでいます。

発表会は、地域公開として開催され、学内の教員・大学院生・留学生・日本人学生・地域行政の皆様からも貴重なフィードバックをいただき、大学と地域の協働についても多くの示唆を得ることができました。

「グローバル化支援インターンシップ」受講生は、2019年2月に開催された「倉橋フェスティバル」における国際交流実践プロジェクトの成果報告を行い、過去HUSAプログラムに参加後、広島大学の大学院生となった留学生によるプレゼンテーションや、日本人学生の学内国際交流サークルの体験報告もありました。7月の最終発表会が楽しみです。

【関連記事】

フィードバックを受ける留学生

フィードバックを受ける留学生

発表するHUSAプログラム留学生

発表するHUSAプログラム留学生

【お問い合わせ先】
広島大学森戸国際高等教育学院
准教授 恒松 直美

Email: ntsunema*hiroshima-u.ac.jp (注: *は半角@に置き換えてください)


up