地域連携・心臓いきいき推進事業

心臓いきいき推進事業

心不全センターは、広島県第6次保健医療計画の中に位置づけられている「心臓いきいき推進事業(心不全地域連携サポートチーム体制構築事業)」の事務局を担っています。
県内7つの心臓いきいきセンター(広島市立安佐市民病院・三次地区医療センター・中国労災病院・JA尾道総合病院・福山市民病院・JA広島総合病院・東広島医療センター)と協働し、各地域の中核となって心臓リハビリテーションの設備整備により実施体制を整える他、心臓病教室の開催、多職種によるチーム医療の実践を行っております。

心臓いきいき推進事業ロゴマークについて

心臓いきいき推進事業のロゴマークを作成しました。
心臓いきいき推進事業の更なる推進と発展に向けて、当事業の関連施設で活用いただけます。
当マークは商標登録を行っております。用途には規定がございますので、使用を希望される場合は、広島大学病院心不全センターまで、お問い合わせ下さい。

心不全患者在宅支援体制構築事業

心臓いきいき事業では、これまで、心不全診療の質の向上を目指した体制づくりを行ってきました。平成29年度からは、県内の心不全診療の基盤を地域に広げ、ネットワークの強化を図るために、「心臓いきいき在宅支援施設」の公募・認定を行っていきます。

「心臓いきいき在宅支援施設」の役割
1)地域における包括的心臓リハビリテーションの提供
2)心不全増悪の早期発見と介入による重症化予防
3)急性期医療を担う医療施設との連携強化

心不全在宅支援体制構築事業イメージ図

平成29年度「心臓いきいき在宅支援施設」について

平成29年度は広島県全域で、病院16施設、診療所46施設、保険薬局77施設、訪問看護ステーション63施設、地域包括支援センター3施設、居宅介護支援事業所14施設、計219施設を「心臓いきいき在宅支援施設」として認定しました。

圏域ごとに「心臓いきいき在宅支援施設」を掲載しております。
ご覧になりたい圏域をクリックしてください。

「心臓いきいき在宅支援施設」の一覧は下からダウンロードできます。

平成30年度「心臓いきいき在宅支援施設」の認定条件について

NEW!!
対象施設は、病院、診療所(歯科を含む)、保険薬局、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所の6施設です。「心臓いきいき在宅支援施設」として認定されるためには、対象職種1名以上が施設の代表者として、8月から12月までに各医療圏で開催される2回の講習会を受講することが必要です。

平成30年8月1日(水)更新
ご注意ください!!
「平成30年度心臓いきいき在宅支援施設募集要項」中、三次地区医療センター主催の第2回心臓いきいき在宅支援施設認定講習会の日程が、10月20日(土)14:00~15:30 から10月24日(水)19:00~20:35に変更となりました。

※今後も各施設が主催する認定講習会の日程につきましては、天候の悪化などやむを得ない事情や、主催施設の諸事情により変更する可能性がございます。認定講習会ポスターにつきましては、講習会・セミナーのページに随時掲載予定ですので、そちらをご覧ください。

心臓いきいき在宅支援施設認定までの流れ

平成30年度「心臓いきいき在宅支援施設」認定講習会のご案内

各圏域で開催される施設認定の講習会はこちら

平成30年度「心臓いきいき在宅支援施設」の認定申請方法について

NEW!!
2回の講習会を受講後、下記より申請書類(様式1、様式2、様式3)をダウンロードいただき、平成31年1月7日(月)から1月18日(金)の期間に広島大学病院心不全センターへ郵送にてご提出ください(必着)。

【申請書類郵送先】
〒734-8551
広島県広島市南区霞1-2-3
広島大学病院心不全センター

心不全患者在宅支援体制構築事業についてのQ&A

心不全患者在宅支援体制構築事業についてのQ&Aは、こちら


up