広島大学教育賞

広島大学では,本学における教育の実践において顕著な成果を挙げたと認められる教員を顕彰することにより,教員の意欲向上並びに教員の教育方法及び教育技術の向上を図り,もってより優れた教育の推進に資することを目的に,平成28年度に「広島大学教育賞」の制度を設けました。

具体的には、次のような活動で顕著な成果があった方々を表彰の対象としています。

(1) 卓越した指導力で教育効果の高い授業を実践した教員
(2) 教育方法の工夫又は改善に取り組み,顕著な教育効果を挙げた教員
(3) 研究指導,課外活動指導その他の学生指導において,顕著な成果を挙げた教員
(4) その他前3項目と同等の成果等により教育賞にふさわしいと認められる教員

令和元年度「広島大学教育賞」被表彰者

※被表彰者氏名順
 

○嶋原 浩 氏(広島大学 学術院 大学院先端物質科学研究科 教授)
長年にわたり,数多くの授業や学生の研究指導を担当すると同時に,教育効果を高めるためのカリキュラム改革を推進し,モデルシラバスを作成するなど,広島大学の物理学教育に大きく貢献されました。授業の実践では,教材や配布資料を工夫するなどの優れた指導により,高度な内容を分かりやすく伝え,特に授業の熱心さや教育方法に関して受講生による授業評価アンケートにおいて常に高く評価されています。「My Best Teacher」として学生からの推薦も得ています。
 

○安武 公一 氏(広島大学 学術院 大学院社会科学研究科 准教授)
クラウドサービス等のICTを活用して,学生が教員や他の学生と活発にコミュニケーションをとりながら学習活動を展開できる学習空間を創出し,これが新規の教室設計の際のモデルとなるなど,広島大学の教育改善に大きく貢献されました。アクティブラーニング型システムの導入により,学生の学習意欲や研究意欲が高まり,学部生が国際会議で発表可能なレベルの論文を完成させるなどの成果も挙がっています。「My Best Teacher」として学生からの推薦も得ています。
 

○山田 俊弘 氏(広島大学 学術院 大学院統合生命科学研究科 教授)
教養教育,専門教育,大学院教育を通じて,プレゼンテーションやディスカッションの重視,クリッカーやキャッチボックス等の技術を導入した学生参加型講義の実践,東広島キャンパスと東千田キャンパス間の双方向授業など,教材開発や授業方法の工夫により,広島大学の教育の質を向上させました。また,英語のみで修了できるカリキュラムの運営と実施に尽力し,教育のグローバル化の推進に貢献されました。「My Best Teacher」として学生からの推薦も得ています。

 


up