広島大学女性活躍促進賞「メタセコイア賞」

広島大学女性活躍促進賞「メタセコイア賞」について

広島大学は、女性研究者の研究活動の支援を図るとともに、他機関等との連携による新たな取り組みを通して、より独創的・学際的な活動をサポートすることを目的として、女性研究活動委員会を設置しています。平成25 年、本委員会の支援の一環として、女性自ら先導し、あるいは女性の活躍の場を広げることによって、社会全体の活力向上に貢献した個人・団体を顕彰するため、広島大学女性活躍促進賞「メタセコイア賞」を創設しました。
メタセコイアは生きた化石として世界的に有名で、中国で現存することが確認され、米国の植物学者が持ち帰った種子から養成した苗木が世界各国に配布されました。あらゆるところから芽吹く旺盛な生命力と、まっすぐに育つ若木の成長の早さが特徴で、広島大学旧東千田キャンパスには、この苗木が美しい並木として四季に彩りを添えていました。このような歴史と特徴から、国際的な印象を与える樹木であり、新しい発見を世界に広げていくイメージがあります。フェニックスと並んで広島大学のシンボル的な存在であるメタセコイアの樹木のように、女性が個性と能力を存分に発揮し、世界中で力強く活躍することを願い、本賞を設立しました。

これまでの受賞者

〇平成25年度(第1回)
 公益財団法人広島男女共同参画財団(エソール広島)
 理事長 長尾ひろみ氏

〇平成26年度(第2回)
 イクメン企業同盟ヒロシマ
 (代表:湯崎英彦 広島県知事)

〇平成27年度(第3回)
 広島ガス・アルペンスノーボード選手
 竹内智香氏

〇平成28年度(第4回)
 独立行政法人 酒類総合研究所
 理事長 後藤奈美氏

〇平成29年度(第5回)
 福山大学
 学長 松田文子氏

〇平成30年度(第6回)
 俳人・エッセイスト
 夏井 いつき氏

〇令和元年度(第7回)
 ニュースキャスター
 国谷 裕子氏

公募情報

令和2年度第8回広島大学女性活躍促進賞「メタセコイア賞」の公募は終了いたしました。
次回公募につきましても、自薦・他薦にかかわらず、多くのご応募をお待ちしております。

ポスター(令和2年度)
公募要領(令和2年度)
申請書(令和2年度)

【お問合せ】
〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学 学術・社会連携室 学術・社会連携部企画グループ
(CAPWR事務局 宛て)
電話番号:082-424-5722・5289・5697
メールアドレス:ura-women@office.hiroshima-u.ac.jp


up