• ホームHome
  • (2020.9.3更新) 7月1日より「レベル1.5」(要注意)(一定程度の活動制限)です

(2020.9.3更新) 7月1日より「レベル1.5」(要注意)(一定程度の活動制限)です

【授業】
対面による活動を段階的に拡大
第3タームの授業の実施方針について

【課外活動】
(7/1~)段階的に活動再開

(7/7~)霞地区の学生の課外活動の詳細についてはこちら
※臨床実習(病院・診療所・薬局等の中で実施される実習)に参加する学生については、当該臨床実習の開始前2週間から終了後2週間までは、オンライン以外の課外活動を禁止します。

(8/12追記)
介護等体験又は教育実習を受講する学生の課外活動については、介護等体験又は教育実習の開始前2週間から終了後2週間まで、オンライン以外の課外活動を禁止します 。詳しくはこちら

(9/3追記)
教育実習、介護等体験、博物館実習(館園実習)を受講する学生のオンライン以外の課外活動について、終了後の禁止期間を変更しました。
詳しくはこちら(教育実習介護等体験博物館実習(館園実習))

【教員・研究活動(研究員・学生の研究活動も含む)】
(7/1~)「新しい生活様式」(PDF:484KB 掲載元:内閣官房 新型コロナウイルス対策ページ)による感染防止行動を徹底した上で、研究活動を実施
※詳細については、こちらをご確認ください。
【学外者の方の入構】
事前に連絡があれば入構を認める場合も。
学外者の方の入構について

【図書館】
(7/7~)段階的に開館時間延長→図書館サイトへ
※学外者の方の利用についてはこちら

【食堂・売店】
営業再開(一部の店舗を除く)
生協の営業状況(生協サイト(学外サイトへ)) 

広島大学は7月1日より「新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針」の「レベル1.5」(要注意)(一定程度の活動制限)」です。

【7月1日以降】レベル 1.5(要注意)(一定程度の活動制限)

マスクの着用 本学キャンパス内では引き続きマスク着用を原則としますが、熱中症に配慮して「屋外で、少なくとも2m以上の距離を保てる場合」に限って、 マスクを外すことができるものとします
授業
  • 授業はオンラインを原則とするが、感染状況や「新しい生活様式」※の定着状況を確認しつつ、十分な感染防止策を実施した上で、対面による活動を段階的に拡大
教員・研究活動
(研究員・学生の研究活動も含む)
  • 「新しい生活様式」(※)による感染防止行動を徹底した上で、研究活動を実施
  • 学生の自宅等での研究活動を推奨
事務体制
  • 感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用
学内の会議
  • 感染拡大防止に最大限留意して対面会議を行うが、オンライン会議を積極的に活用
キャンパスへの学生の入構
  • 授業の受講、研究活動、許可された活動以外での入構を控える
  • 「新しい生活様式」による感染防止行動を徹底する
課外活動
  • 「新しい生活様式」による感染防止行動の遵守
  • 感染防止策を含む活動計画等をあらかじめ届け出て許可を得たものについて、限定的に実施 

(7/7~)※  霞地区の学生の課外活動については、こちらをご確認ください。
※「新しい生活様式」については、こちら(PDF:484KB 掲載元:内閣官房 新型コロナウイルス対策ページ)を参照。
(8/12追記)
介護等体験又は教育実習を受講する学生の課外活動については、介護等体験又は教育実習の開始前2週間から終了後2週間まで、オンライン以外の課外活動を禁止します 。詳しくはこちら

(9/3追記)
教育実習、介護等体験、博物館実習(館園実習)を受講する学生のオンライン以外の課外活動について、終了後の禁止期間を変更しました。
詳しくはこちら(教育実習介護等体験博物館実習(館園実習))

【お問い合わせ先】
財務・総務室 総務グループ 

Email:risk-anzen*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up