ノートパソコンの必携化について

  更新年月日:2023/1/30

方針

広島大学では、「大学教育入門」を中心とした授業でのパソコンの活用を始め、講義レポートの作成や論文作成な
ど、数多くの機会にパソコンとインターネットを活用します。
また、授業の履修登録や成績閲覧などの手続、教員や事務室からの連絡などを「学生情報の森 もみじ」という
Webサイト(https://momiji.hiroshima-u.ac.jp/ )を通じて行っています。授業でパソコンを利用すること
がありますので、教員の指示があった場合には、持参できるように準備しておいてください。

【報道発表資料】
https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/34459/no59_h2.pdf

目的

  • 高度情報化社会において情報通信技術の活用能力を有する人材を輩出すること。
  • 情報通信技術を活用した先進的講義手法により教育力を強化すること。
  • 各種配布物や提出物のペーパーレス化を推進すること。

施策

以下の施策を推進します。

  • パソコンを活用した授業の充実。
  • 学内の無線LAN(Wi-Fi)設備などパソコン利用環境の整備・充実。
  • 経済的理由によりパソコンを購入できない学生に対する長期貸出。

なお、広島大学ではウィルス対策ソフトウェアとアプリケーションソフトウェア(Microsoft Officeなど)をそれぞれ包括契約し、本学の学生・教職員が無料でこれらソフトウェアを使用できるよう支援しています。

内 容(2023年度 学部新入生の皆さんへ)

入学までにご用意いただくノートパソコンの必要条件

※ 条件を満たすノートパソコンを既にお持ちの場合は新たに購入される必要はありません。  

1.ソフトウェア要件

  • OSは、WindowsまたはmacOSのいずれかで,入学時点においてサポート有効期限内であること。
  • 以下のアプリケーションが軽快に動作すること。
    • Microsoft Office(Word,Excel,PowerPoint)の最新版
    • ウイルス対策ソフトウェア(広島大学では,パソコンでのウイルス対策を義務付けるとともに,基本的な対策として,ウイルス対策ソフトウェアを配布しています。)

2.ハードウェア要件

  • 無線LANを有すること。
    無線LANの規格は,5GHz帯に対応する(IEEE802.11a,IEEE802.11ac,IEEE802.11axのいずれかを含む)こと。
  • メモリは8GB以上搭載すること。
  • バッテリ駆動時間は,仕様に記載された値で8時間以上を目安とすること。
  • キーボードを備えること。

3.推奨条件

  • PCにカメラ及びマイクを装備することが望ましい(外付け可)
  • 自宅にインターネット環境を整備することが望ましい。

4.注意事項

  • ARM版Windowsは,一部のWindowsアプリケーションが動作しない場合があります。あらかじめ,搭載されているCPUとOS,使用予定のアプリケーションの対応状況等を確認してください。
  • Appleシリコン(M1, M1 Pro, M1 Max, M2等)を搭載するMac端末でWindowsアプリケーションを使用するには,利用者自身で別途ソフトウェアやライセンスを購入・導入する必要があることに加え,一部のWindowsアプリケーションが動作しない場合があります。

下記の学部・学科等に入学される方は、準備するパソコンのOSについてご注意ください。

 ※ 学部・学科等限定仕様については、各学部の学生支援担当にお問い合わせください。

  • 総合科学部国際共創学科
    • PCを利用したプレゼンテーション機会が多いため,外部ディスプレイへ接続可能なコネクタを有すること(HDMI, Display port, VGAなど)。
    • D-sub15 VGAコネクタがない場合は,変換アダプタを準備すること(推奨)。
  • 文学部人文学科
    • カメラとマイクを必ず装備すること(外付け可)。
  • 教育学部第一類(学校教育系)特別支援教育教員養成コース
    • 一部の授業においてWindowsを必要とする場合があるため,その科目を履修する場合macOSの場合は入学後にWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 教育学部第二類(科学文化教育系)技術・情報系コース
    • Windows が入学後に実行できるようにしてください。
    • macOSの場合は入学後にWindows を導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
    • なお,ログインユーザー名は半角英数にしてください。
  • 教育学部第四類(生涯活動教育系)健康スポーツ系コース
    • 一部の授業においてWindowsを必要とする場合があるため,その科目を履修する場合macOSの場合はWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 教育学部第五類(人間形成基礎系)心理学系コース
    • 一部の授業においてWindowsを必要とする場合があるため,macOSの場合はWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 経済学部
    • データ分析やシミュレーションを学びたい場合は,メモリ(RAM)は16GB以上とすること(推奨)。
    • 外部ディスプレイやプロジェクタなどへ接続可能なコネクタ(HDMI,VGAなど)を有すること,またはそれらに接続可能なアダプタを別途購入すること(推奨)。
    • 初期設定時において,ユーザ名は半角英数にしてください。
  • 理学部生物科学科
    • 外部ディスプレイ(フルサイズHDMIまたはD-sub15 VGA)へ接続可能なコネクタを有すること。直接接続できない場合は、いずれかの変換アダプタを準備すること(HDMI推奨)。
  • 理学部地球惑星システム学科
    • Windowsを指定。
    • macOSの場合はWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 医学部医学科
    下記の①②またはABCの組合せで準備すること
    ①電磁・静電式の高精度なタッチペン(スタイラスペン)
    ②タッチペンが使用可能で,大学で定められたスペックをクリアしたノートPC
       または
    A電磁・静電式の高精度なタッチペン(スタイラスペン)
    B大学で定められたスペックをクリアしたノートPC
    Cスタイラスペンが使用可能なタブレット
  • 医学部保健学科
    • 電磁・静電式の高精度なタッチペン(スタイラスペン)が使用可能かつ PC と一緒に持参できること。
    • プロジェクタ等映像出力機器に接続できること(推奨)。
      ※広島大学生協オリジナルパソコンにはHDMIやVGA等の映像出力用の端子がないため、「USB-C - HDMI(VGA)アダプタ」の準備を推奨する。
  • 歯学部歯学科
    • プロジェクタ等映像出力機器に接続できること(推奨)。講義室でPCを用いたスライド発表を行う際に必要になることがあります。
      ※広島大学生協オリジナルパソコンにはHDMIやVGA等の映像出力用の端子がないため,「USB-C - HDMI(VGA)アダプタ」の準備を推奨。
    • カメラ及びマイクが使えること(外付けでも問題ありません)。
  • 歯学部口腔健康科学科
    • プロジェクタ等映像出力機器に接続できること(推奨)。講義室でPCを用いたスライド発表を行う際に必要になることがあります。
      ※広島大学生協オリジナルパソコンにはHDMIやVGA等の映像出力用の端子がないため,「USB-C - HDMI(VGA)アダプタ」の準備を推奨。
    • カメラ及びマイクが使えること(外付けでも問題ありません)。
  • 薬学部
    • ノートパソコンを準備すること(iPad等のタブレットは不可)。
    • 容量(ストレージ)は250GB以上を推奨。
    • 外部ディスプレイへ接続可能なコネクタを有すること(HDMI端子もしくはVGA端子)(推奨)。コネクタが無い場合はHDMIもしくはVGA変換アダプタを準備すること(推奨)。
      ※広島大学生協オリジナルパソコンはコネクタがないため,「USB-C - HDMI(VGA)アダプタ」の準備を推奨。
    • カメラ及びマイクが使えること(外付けでも問題ありません)。
    • USB-Aポートを有すること(推奨)。搭載していない機種の場合は変換アダプタを準備すること。(推奨)
  • 工学部第一類
    • Windows11,64bit版を指定。
    • macOSの場合は入学後にWindows11, 64bit版を導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 工学部第二類
    • Windowsを指定。
    • macOSの場合は入学後にWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
  • 工学部第三類
    • 一部の授業においてWindowsの利用を推奨する場合があります。
  • 工学部第四類
    • Windowsを指定。
    • macOSの場合はWindowsを導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)
    • なお,2年次以降に建築プログラムに配属された場合,以下の性能のPCを推奨します。
      • CPU:Intel Core i7,AMD Ryzen 7
      • メモリ:16 GB以上のRAM
      • ハードディスク:NVMe SSD
      • グラフィックスカード:4 GB以上のVRAM,OpenGL4.5互換のグラフィックスカード
      • ディスプレイ解像度:フルHD 1920×1080 以上
      • オペレーティングシステム:Windows 10 64-bit,macOS 11.3以降
  • 情報科学部情報科学科
    • Windows10以降指定。
    • macOSの場合はWindows10以降を導入してください。
      この場合,個人によるライセンス購入が必要となります。(注)

(注)Appleシリコン搭載のMacでは,一般に販売されているパッケージ版のWindowsライセンスでは動作しない可能性があるのでご注意ください。

 

[重要] 経済的事情によりノートパソコンを用意することが困難な方へ
 経済的事情によりノートパソコンを所有することが困難な学生のうち,希望者には本学からノートパソコンを1年間無料で貸与します。貸与の条件など詳しくは,入学生の手引の「ノートパソコンの貸与申請についてのご案内」を参照して必要な手続きを行って下さい。 

 

 

必須ソフトウェアの提供

本学はマイクロソフト社と包括ライセンス契約を締結しています。この契約に基づいて,学生の皆さんは以下のソフトウェアを,無料でインストールすることができます。ただし,契約内容は毎年見直しを行うため,次年度以降も同じ契約内容となることを保証するものではありませんのでご注意ください。

  • Microsoft Windows (アップグレード / ダウングレード)
  • Microsoft Office Windows 版 / Mac 版)
  • ウイルス対策ソフト(Windows 版 / Mac 版)
    • Windows のアップグレード ダウングレードには基になる Windows ライセンスが必要です。
    • Windows10 以降は OS 標準搭載の Defender を使用してください。
    • 詳細は,『広島大学公式ホームページ』の『学内ポータル』>『もみじ 広島大学学生情報の森』の順にクリックし,『学生生活のサポート』> 『パソコンQ&A』をご覧ください。

2023度必携パソコン初期実習(全員実施)について

初期実習では、無線LANへの接続設定、「学生情報の森 もみじ」へのログイン方法、Microsoft Officeやウイルス対策ソフトウェアのインストールや確認などを行います。初期実習は自習方式で行います。  

  新入生の皆さんは、ご自身で以下の作業を実施してください。

  1. Webテキスト」を参考に、必携パソコンの初期設定・点検を実施
    • 現在公開中のWebテキストは2022年度版です。2023年度版は3月中旬頃に公開予定です。
    • Webテキストは修正・訂正されることがあります。できるだけ最新のものを見て実施してください。
  2. 「ノートパソコン点検届」をオンライン学習支援システム「Moodle」上で提出

ご自身で設定を完了できない場合のサポートについて

 ご自身で設定・点検が困難な方は、以下の方法でサポートいたします。サポート会、電話、メールを利用してください。

ⅰ必携パソコン初期実習サポート会

・以下の会場で質問を受け付けます。(申込不要)

 ※自身で設定が完了した方は,来場の必要はありません。
(キャンパスマップ):https://www.hiroshima-u.ac.jp/access

キャンパス

日時

推奨学部

会場(生協オリジナル
パソコン)

会場(生協オリジナル
パソコン以外)

東広島

4/4(火)
13:00~17:30

経済学部(昼),情報科学部

情報メディア
教育研究センター

本館2Fセミナー室

情報メディア
教育研究センター
館2F端末室,
グループワーク室

4/5(水)
10:00~17:30
総合科学部,文学部
4/6(木)
10:00~17:30
理学部,工学部,
生物生産学部
4/7(金)
10:00~17:30
教育学部

4/6(木)
10:00~17:30

医学部,歯学部,薬学部

凌雲棟3階
R304講義室

凌雲棟3階
R301講義室,R302講義室基

東千田

4/5(水)
13:00~17:30

法学部(昼),法学部(夜),
経済学部(夜)   

東千田未来創生センター2階
グループワーク室

東千田未来創生センター2階
M203講義室,M204講義室

※混雑緩和のため学部ごとに推奨日を指定しています。ただし、都合がつかない場合は、どの日に参加していただいても結構です。

サポート会場に来場できない人は,以下の日時・場所でも質問を受け付けます。

(アクセスマップ)  https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/aboutus/access/

場所

時間帯

情報メディア教育研究センター
本館1F事務室

平日8:30~16:30

情報メディア教育研究センター
東分室(東図書館2F)

平日8:30~16:30

情報メディア教育研究センター
霞分室(基礎講義棟1F)

平日8:30~16:30

 

※来場時の注意事項

  • パソコンのバッテリーを満充電にしておいてください。念のためACアダプタも持参してください。
  • 学生証(ガイダンスで配布された広大IDとパスワード),筆記用具を忘れずに持参してください。
  • 発熱など風邪症状がある場合は,来場を控えてください。
  • 来場時は,マスクの着用等の感染防止対策をお願いします。

ⅱ 電話・メールでのサポート
以下の問合せ先に連絡してください。

○生協オリジナルパソコン購入の方:
 広島大学生協新入生サポートセンター 電話:0800-200-7930
 受付時間:3月8日(水)~4月2日(日):9:00~17:00 左記以外の期間(平日のみ):10:00~17:00

○生協オリジナルパソコン購入以外の方:
 広島大学情報メディア教育研究センター必携パソコン初期実習窓口
 E-mail:st-pc(at)ml.hiroshima-u.ac.jp 
 (at)を@に変更してください。

 

広島大学生協オリジナルパソコン

新たにノートパソコンをご購入される新入生のみなさんのために、広島大学生協オリジナルパソコンをご案内します。必要なソフトウェアや大学生活4年間をカバーする動産保証をオプションで用意しています。詳しくは広島大学生協のサイトをご参照ください。

情報メディア教育研究センターが開催する研修会・講習会

情報メディア教育研究センターでは、皆さんの必携PCをより活用してもらえるよう、研修会・講習会を開催しています。学生生活を送る上で有用なパソコンの使い方について、一つでも多く身につけてもらえるようさまざまな内容を準備していますので、興味のあるものが見つかったらぜひ参加してください。詳しくは、センターの研修会・講習会のページをご参照ください。

 

無線アクセスポイント

講義室、図書館、会議室、福利施設など学内の多くの共用スペースに無線アクセスポイントを設置しています。詳しくは、情報メディア教育研究センターの『学内共用情報コンセント』のページをご参照ください。

 

短期貸出サービス

パソコン故障修理中の場合や大学への持参を忘れた場合などへの対応として、広島大学生協では短期貸出サービス(原則として有料)を実施しています。詳しくは、こちらから確認してください。

 

その他、詳しい情報について

「必携パソコンについてのよくある質問」
 

 

■ お問い合わせ先 ■
広島大学 財務・総務室 情報部 情報化推進グループ 
TEL: 082-424-5687(受付時間:平日9:00-17:00)
Mail:st-pc(at)ml.hiroshima-u.ac.jp
 (at)を@に変更してください。


up