ノートパソコンの必携化について

更新年月日:2021/2/9

方針

広島大学では、「大学教育入門」を中心とした授業でのパソコンの活用を始め、講義レポートの作成や論文作成など、数多くの機会にパソコンとインターネットを活用します。
また、授業の履修登録や成績閲覧などの手続、教員や事務室からの連絡などを「学生情報の森 もみじ」というWebサイト(https://momiji.hiroshima-u.ac.jp/)を通じて行っています。授業でパソコンを利用することがありますので、教員の指示があった場合には、持参できるように準備しておいてください。

【報道発表資料】
https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/34459/no59_h2.pdf

目的

  • 高度情報化社会において情報通信技術の活用能力を有する人材を輩出すること。
  • 情報通信技術を活用した先進的講義手法により教育力を強化すること。
  • 各種配布物や提出物のペーパーレス化を推進すること。

施策

以下の施策を推進します。

  • パソコンを活用した授業の充実。
  • 学内の無線LAN(Wi-Fi)設備などパソコン利用環境の整備・充実。
  • 経済的理由によりパソコンを購入できない学生に対する長期貸出。

なお、広島大学ではウィルス対策ソフトウェアとアプリケーションソフトウェア(Microsoft Officeなど)をそれぞれ包括契約し、本学の学生・教職員が無料でこれらソフトウェアを使用できるよう支援しています。  

内 容(2021年度 学部新入生の皆さんへ)

入学までにご用意いただくノートパソコンの必要条件

※条件を満たすノートパソコンを既にお持ちの場合は新たに購入される必要はありません。ARM版Windows10や,M1チップ搭載のMacについては,「必須ソフトウェア」が動作しない可能性がありますので選択の際はご留意ください。  

  1. ソフトウェア要件
    • OSは、WindowsまたはmacOSのいずれかで、入学時点においてサポート有効期限内であること。
    • 以下のアプリケーションが軽快に動作すること。
      Microsoft Officeの最新版,ウイルス対策ソフトウェア
  2. ハードウェア要件
    • 無線LAN(5GHz帯対応(対応規格にIEEE802.11aまたはIEEE802.11acを含む))を有すること。
    • バッテリ駆動時間は、8時間以上を目安とすること。
    • キーボードを備えること。
    • ※オンライン授業実施に備えて,PCにカメラ及びマイクが装備され,メモリが8GB以上搭載されていることが望ましい。また,自宅にインターネット環境を整備することが望ましい。
下記の学部・類・コース、学部・学科に入学されるみなさまは、準備するパソコンのOSについてご注意ください
  • 総合科学部国際共創学科
    • 日本語または英語のOSに限る(中国語等の英語以外の外国語OSは不可)。
  • 文学部人文学科
    • カメラとマイクが使えること。
  • 教育学部第一類特別支援教育教員養成コース
    • 一部の授業においてWindowsを必要とする場合があるため,その科目を履修する場合macOSの場合は入学後にWindowsを導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
  • 教育学部第二類技術・情報系コース
    • Windows が入学後に実行できるようにしてください。
    • macOSの場合は入学後にWindows を導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
    • なお,ログインユーザー名は半角英数にしてください。
  • 教育学部第五類心理学系コース
    • 一部の授業においてWindowsを必要とする場合があるため,macOSの場合は入学後にWindowsを導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
  • 理学部生物科学科
    • 外部ディスプレイへ接続可能なコネクタを有すること(HDMI,Display port,VGA など)。D-sub15 VGA コネクタが無い場合は,変換アダプタを準備すること(推奨)。
  • 理学部地球惑星システム学科
    • Windows PCを推奨。
    • macOSの場合はWindowsを導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
  • 医学部医学科
    • 電磁・静電式の高精度なタッチペン(スタイラスペン)が使用可能かつPCと一緒に持参できること。
  • 歯学部歯学科,歯学部口腔健康科学科
    • 外部ディスプレイへ接続可能なコネクタを有すること(HDMI,Display port,VGAなど。)。
    • D-sub15 VGAコネクタが無い場合は変換アダプタを準備すること(推奨)。
    • Webカメラ及びマイクが使えること(外付けでも問題ありません)。
  • 薬学部
    • 容量(ストレージ)は250GBを推奨。
  • 工学部第一類
    • WindowsOS 64bit版を指定。
    • macOSの場合は入学後にWindows を導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
  • 工学部第二類
    • WindowsOSを指定。
    • macOSの場合はWindows を導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
  • 工学部第三類
    • 一部の授業においてWindowsOSの利用を推奨する場合があります。
  • 工学部第四類
    • WindowsOSを指定。
    • macOSの場合は入学後にWindowsOSを導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。
    • なお,2年次以降に建築プログラムに配属された場合,製図作業の際にArchicad(サイト参照)等のBIMソフトを使用する可能性がありますので留意ください。
  • 情報科学部情報科学科
    • Windows10指定。
    • macOSの場合は入学後にWindowsOSを導入してください。この場合,個人によるライセンス購入が必要となります(参考価格:Windows10 Home 約2万円)。

[重要] 経済的事情によりノートパソコンを用意することが困難な方へ

  • 経済的事情によりノートパソコンを所有することが困難な学生のうち,希望者には本学からノートパソコンを1年間無料で貸与します。貸与の条件など詳しくは,入学生の手引の「ノートパソコンの貸与申請についてのご案内」を参照して必要な手続きを行って下さい。 

2021年度必携パソコン初期講習会(全員必須)について

初期講習会では、無線LANへの接続設定、「学生情報の森 もみじ」へのログイン方法、Microsoft Officeやウイルス対策ソフトウェアのインストールや確認などを行います。初期講習会は自習方式で行います。

■新入生の皆さんは、ご自身で以下の作業を実施していただくことになります。

  1.  「Webテキスト」を参考に、必携パソコンの初期設定・点検を実施
  2. 「ノートパソコン点検届」をオンライン学習支援システム「Bb9」上で提出

■ご自身で設定・点検が困難な学生には,以下の方法で対応いたします。

ⅰ必携パソコン初期講習会サポート会場でのサポート

・以下の会場で質問を受け付けます。
(キャンパスマップ):https://www.hiroshima-u.ac.jp/access

キャンパス

日時

会場(生協オリジナルパソコン)

会場(生協オリジナルパソコン以外)

東広島キャンパス

4/5(月) 13:00~17:30

4/6(火) 13:00~17:30

4/7(水) 10:00~17:30

情報メディア教育研究センター本館2Fセミナー室

情報メディア教育研究センター本館2Fグループワーク室

霞キャンパス

4/7(水) 10:00~17:30

医学部基礎講義棟1階端末室2

医学部基礎講義棟1階端末室1

東千田キャンパス

4/6(火) 16:00~17:30

東千田未来創生センター2F端末室

記の日程で来場できない人は,以下の日時・場所でも質問を受け付けます。
(アクセスマップ)  https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/aboutus/access/

場所

時間帯

情報メディア教育研究センター本館1階事務室

平日8:30~16:30

情報メディア教育研究センター東分室(東図書館2階)

平日8:30~16:30

情報メディア教育研究センター霞分室(医学部基礎講義棟1階)

平日8:30~16:30

■来場時の注意事項

  • パソコンのバッテリーを満充電にしておいてください。念のためACアダプタも持参してください。
  • 学生証(ガイダンスで配布された広大IDとパスワード),筆記用具を忘れずに持参してください。
  • 発熱など風邪症状がある場合は,来場を控えてください。
  • 来場時は,マスクの着用等の感染防止対策をお願いします。

ⅱ 電話・メールでのサポート
以下の問合せ先に連絡してください。

○生協オリジナルパソコン購入の方:
 広島大学生協新入生サポートセンター 電話:0800-200-7930
 受付時間:3月8日(月)~4月4日(日):10:00~19:00 左記以外の期間(平日のみ):10:00~17:00

○生協オリジナルパソコン購入以外の方:
 広島大学情報メディア教育研究センター必携パソコン初期講習会窓口
 E-mail:st-pc(at)ml.hiroshima-u.ac.jp 
 (at)を@に変更してください。

 

■「ノートパソコン点検届」について

2020年度の点検届は以下の内容でした。

  1. OS の種類とバージョンを確認
  2. OSのbit数の確認
  3. インターネットに接続できることを確認
  4. OS の⾃動アップデート機能が有効になっていることを確認
  5. ウイルス対策ソフトウェアのインストールを確認
  6. ウイルス対策ソフトウェアの⾃動アップデート機能が有効になっていることを確認
  7. フルスキャンの実行方法を確認
  8. Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPoint がインストールされ、動作することを確認
  9. Office365(広⼤のメールサービスその他)に広⼤メールアドレスとパスワードを⽤いてログインできることを確認
  10. 「もみじ」(履修登録や成績確認他をおこなう)に広⼤ID とパスワードを⽤いてログインできることを確認
  11. Bb9(学習⽀援システム)に広⼤ID とパスワードを⽤いてログインし、授業資料ファイル(PDF)を⼊⼿して開けることを確認

広島大学生協オリジナルパソコン

新たにノートパソコンをご購入される新入生のみなさんのために、広島大学生協オリジナルパソコンをご案内します。必要なソフトウェアや大学生活4年間をカバーする動産保証をオプションで用意しています。詳しくは広島大学生協のサイトをご参照ください。

必須ソフトウェアの提供

本学はマイクロソフト社と包括ライセンス契約を締結しています。この契約に基づいて,学生の皆さんは以下のソフトウェアを,無料でインストールすることができます。ただし,契約内容は毎年見直しを行うため,次年度以降も同じ契約内容となることを保証するものではありませんのでご注意ください。

  • Microsoft Windows (アップグレード / ダウングレード)
  • Microsoft Office Windows 版 / Mac 版)
  • ウイルス対策ソフト(Windows 版 / Mac 版
    • Windows のアップグレード ダウングレードには基になる Windows ライセンスが必要です。
    • Windows8 以降は OS 標準搭載の Defender を使用してください。

詳細は,『広島大学公式Web サイト』の『高校生・受験生の方』>『もみじ 広島大学学生情報の森』をクリックし,『学生生活のサポート』> 『パソコンQ&A』をご参照ください。

F3S講習会

情報メディア教育研究センターでは、皆さんの必携PCをより活用してもらえるよう、F3S (First Three Steps) 講習会を開催しています。学生生活を送る上で有用なパソコンの使い方について、一つでも多く身につけてもらえるようさまざまな内容を準備していますので、興味のあるものが見つかったらぜひ参加してください。詳しくは、F3S講習会のページをご参照ください。

 

無線アクセスポイント

講義室、図書館、会議室、福利施設など学内の多くの共用スペースに無線アクセスポイントを設置しています。詳しくは、情報メディア教育研究センターの『学内共用情報コンセント』のページをご参照ください。

 

短期貸出サービス

パソコン故障修理中の場合や大学への持参を忘れた場合などへの対応として、広島大学生協では短期貸出サービス(原則として有料)を実施しています。詳しくは、こちらから確認してください。

 

その他、詳しい情報について

「必携パソコンについてのよくある質問」
 

 

■ お問い合わせ先 ■
広島大学 財務・総務室 情報部 情報化推進グループ 
TEL: 082-424-6054、5687(受付時間:平日9:00-17:00)
Mail:st-pc(at)ml.hiroshima-u.ac.jp
 (at)を@に変更してください。


up